地方の不動産屋の女性はお手軽な女だった

 私は40代のサラリーマン。単身赴任が決まり赴任先の地方都市の不動産屋へ行った。私の担当は30手前の長身でスタイルのいいミキという名の女性だった。

 数件の物件をミキの運転する車で案内してもらいながら車中で会話が弾んだ。固そうに見えて以外にノリのいいミキに「単身赴任で寂しいからミキちゃんの友達紹介してよ~」というと「友達より私じゃ駄目ですか~」と狙い通りの返事。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「エ~ッ! ミキちゃんみたいな美人が、俺みたいなおじさんと遊んでくれるの?」と大袈裟に驚くと「私、背が高いせいか全然モテないんです…」やはりこの手の女は同年代の男達は腰が引けてアプローチ出来ないようだ。

「でもおじさんはちょっと変態だからミキちゃん大変だよ~」と冗談交じりに言うと、「凄い変態じゃないなら、私も少しだけ興味あります…」と恥かしそうにミキは答えた。

 メアドを交換し、早速その夜待ち合わせ。掘りごたつ式の個室居酒屋で飲みながらエロトークで盛り上がる。ミキの男性遍歴を聞くと、数年前に東京に住んでいた頃に付き合った中年のオヤジに軽くMに仕込まれたらしく、

 田舎に帰って来てからは、同年代のノーマル男ばかりで欲求不満だったとのこと。それなら話は早いと、トイレに行こうとしたミキに「下着を脱いで来なさい」と命令すると案の定、少し困った表情をしながらも「はい…」と小さく頷いた。

 トイレから戻ってきたミキを私に向かって脚を開かせるようにテーブルに座らせる。更に「オマンコが良く見えるように両手で開いて見せなさい」と命令する。頬を赤く染めながらミキは命令に従う。

 既にアソコはビチョビチョに濡れていた。私は舐めるでもなく触るでもなく、刺身を一切れ箸でつまむとミキのマン汁を付けて食べた。ミキはクンニしてもらえると期待してたのに、予想外の変態プレーに驚きながらも感じてしまいマン汁が更に溢れ出した。

 続いて私はミキに胸を見せるように命令した。大きくはないが形の良い胸が現れた。ピンクの小さめの乳首がコリコリになっていた。痛みに対してはどう反応するのか探ろうと思い、私は箸入れから割り箸を取り出し、割らずにゆっくりと乳首を挟んでみた。

 苦痛に顔を歪ませるが拒絶はしない。ぶら下がる箸を軽く弾くと「あっ」と悶える。私は財布に常備しているコンドームを取り出し、つまみのフランクソーセージに装着してミキのマンコに出し入れするとミキは喘ぎ声を出し始めた。

 しかし、これはマンコを気持ちよくするためにした訳ではない。十分に濡れたソーセージをアナルに挿入した。色白なミキには不似合いな色素の沈着したアナルを見てこっちの穴も開発済みと予想した通り、親指ほどの太さのソーセージがヌルリと入っていく。

 ミキは我慢出来なくなり「あああ…もうここでは、これ以上無理です」と哀願してくるので、ソーセージをアナルにズッポリと咥えさせたまま、乳首の割り箸だけ外して店を出る。

 ジャケットを着ているから他人には下着を着けていないことは知られないのだが、恥かしそうにミキはモジモジしている。会計中、死角を利用して私はミキのミニスカの後ろから手を入れ、アナルから出ているコンドームをツンツンと引っ張る。

 ミキはびくっとしながら店員に気付かれてはいけないので必死に平静を装う。私は店員から受け取った釣銭をワザと床に落としミキに拾うよう指示する。店員の視線を気にしながらミキは不自然な体勢で小銭を拾い集める。

 私は楽しい単身赴任生活を予感しながらミキというペットを連れて店を出た。居酒屋を出た私はミキをゲーセンに連れて行き一緒にプリクラに入った。顔だけは写らないようにしながら胸やマンコを出させて撮影した。

 ミキはこれだけで既に興奮状態だが、お楽しみはこれから…。出来たプリクラを店内の休憩用のベンチに置いて遠くから二人で見守った。暫くすると数人の高校生がそれを見つけて大騒ぎし始めた。

 私はミキの耳元で「あの子達のセンズンリのオカズにされるのはどんな気分だ? ケツの穴から飛び出してるコンドームまで見られてるんだぞ。いずれ正体がバレてやらせてくれって言われたらどうする?

 フェラしてやるか? それともハメさせてやるか?」言葉攻めするとミキはすっかりトリップ状態で「あ~、何でも言う通りにします~」と軽くイッてしまったようだ。

 この女は3Pや乱交もいけるなと確信した。いずれハメ旅行に連れて行き旅先で乱交相手を探してやろう。ゲーセンを出てようやくホテルに入った。二人共服を脱ぎシャワールームへ。未だにキスすらしていない。ただ単にミキの身体を玩具にしているだけだ。

 ミキにとってもこんな扱いは初めてらしく、キスや愛撫をせがんでくるが無視してバスタブにウンコ座りするよう命じる。そして放尿を命じる。

 もうミキは諦めたように素直に従う。私はお〇っこプレーが好きなので放尿を始めたミキの前に座り込みミキの小便を身体に浴びた。ミキは恥かしがりながらも止めようとはせず、大量の尿を私に浴びせた。

 それが終わると今度はミキを床に寝かせた。覚悟していたらしくミキは素直に口を開け私の小便を顔で、口で、体中で浴びた。その後、ミキを四つんばいにさせて居酒屋から入れっぱなしのアナルソーセージを引き出した。

 浣腸の経験を聞くと元彼に何度かイチジクをされたそうだ。それならもう少し進歩させてやろうとシャワーヘッドを取り外したホースをミキのアナルに押し当てた。十分に柔らかくなっていたアナルは少しずつホースを飲み込んだ。

 3cm程ホースを入れてからゆっくりと蛇口を開ける。ミキの喘ぎ声が苦痛に変わっていくがギリギリまで湯を入れる。スリムなミキの下腹部が蛙のように膨らむ。ホースを抜いて再度ソーセージを挿入する。

 腹痛を訴えるミキを仰向けに寝かせ、ギンギンに勃起したチンポをおもむろにマンコにぶち込んだ。しかし、これもハメたいからではない。排便を我慢するミキの苦悶に満ちた表情をもっと楽しみたいから、マンコ側から直腸を刺激してやっているだけだ。

 ミキは挿入の快感と排便の苦痛が入り混じり涎を垂らしている。暫くピストンを続けるとついにミキは大きな声で「もう駄目~」と叫びながら噴射した。

 私も初回からここまで変態プレーを楽しめる相手は初めてなので、興奮して不覚にもいってしまった。ミキはぐったりとして自分の糞尿まみれのシャワールームで暫く気を失っていた。

 目覚めたミキの身体を優しく洗ってやると「これからも私を飼って下さい」とおねだりされた。単身赴任はやめられない。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ