人生で最初で最後だろうと思うHな体験談

 私は43歳の主婦で関係が始まってから3、4年になる夫ではない彼氏がいます。夫とはもう10年以上レスで去年から単身赴任中で、この春からは息子と娘が就職と進学で家を出て、悠々自適な一人暮らしが始まりました。

 そんな変化がきっかけではないと思いますが、彼氏とのエッチの楽しみ方も少し変化が出てきました。はじめはカップルバーやハプニングバーに行って、他のカップルとの見せ合いくらいだったんですが、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 だんだんエスカレートして、彼氏以外とその場限りの関係を持つようになりました。そう言うのが何度かあり、先月末、とうとう泊まりがけで露天風呂付きのコテージに行きました。

 4LDKの二階建てのコテージに4組のカップルが参加し、うちの彼氏を含め、私以外は皆さん50歳以上で男性の中には60を超える人もいました。

 昼過ぎに到着してビールで乾杯した後、お喋りしながら自己紹介してると、はじめはぎこちなかったんですが、ひょうきんなおじさんがいたのでだんだん和気藹々な感じになり、夕食前にせっかくなので温泉に入ることになりました。

 一応ウォーキングとかして体型に気を使ってるので、167-5○:86-6○-91を維持してて他のお姉さん達の体型を見て少し優越感を持ちました。

 結構大きめの湯船とは言え8人で入ると、満員電車のようでしばらく使って温まった後は、自然と湯船の縁に腰をかけ足湯状態になりました。しばらくはお喋りしてたんですが、何となくカップル同士が絡み出し、

 それを見ながら彼氏も私に触れてきて、私も周り触発され夢中でエッチしてました。いつものようにお互い愛撫し合ったり、舐め合ったりしてるのに凄くエッチな気分で私はすぐに逝っちゃい、彼も早々に終了しました。

 しばらく湯船で休んでたものの、2組はまだお楽しみ中だったので邪魔しないようにコテージ内に戻りました。先に戻ったカップルのおじさんが、素っ裸のまま、お疲れ様~って声をかけて缶ビールをくれました。

 私と彼氏はバスタオルを体に巻き、ソファで呑んでると逆上せたのか疲れたのか彼氏が私の太ももに頭を乗せ、寝始めました。テレビを見ながら、彼氏に膝枕してビールを呑んでるとさっきのおじさんが私に近付いてきました。

 スタイルいいね、若いね可愛い、とか言ってきて抱きたいアピール一杯だったけど、ひょうきんなおじさん以外はNGにしようと思ってたので、バスタオルを取ろうとするのを抵抗してました。

 そんな時に別のカップルが戻ってきて、おばさんが私の代わりに膝枕して私は2人のおじさんに強引にベッドに連れていかれました。ひょうきんおじさんがいないので嫌がったんですが強引に連れられました。

 左右の乳首をいきなり別々の男性に舐められるとあっという間にその気になり、大きな声が溢れます。
四つん這いにされ、クンニされながら、フェラをしてると、

 おじさんの顔の上に座るこむように上体をあげられ、下からクンニされながら別のおじさんは私の胸の間にアレを挟み込んでパイズリします。

 乳首を摘まれながらクリを甘噛みされ、何度も逝ってると胸の間で爆発した性液が顔にかかりました。爆発させたおじさんはその場に座り込み、支えをなくした私も倒れこむようにベッドに倒れこみました。

 そのまま荒い息を続けてたのにさっきまで私の下にいたおじさんが私を抱えるように膝立ちさせ、次は俺だよって言いながら入れようとしてきます。

 ヤダヤダ、もうヤダ…って言ってるのにそのまま入れられ後ろからズンズン突かれてると朦朧としてきて何度もまた逝かされました。このおじさんも最後は私の顔にかけるとやっと終わりました。

 LDKに戻るとすっかり夕方で、3人のお姉さん達が夕食のお鍋の支度を素っ裸でしてて、素っ裸の私も手伝うことになりました。キッチンで野菜を切ってると後ろからひょうきんなおじさんがお尻を撫でながら、

 楽しんだ?って聞いてきたので、危ないから邪魔しちゃダメですよ、って言ってるのに痴漢のようにヘアを撫でながら乳房を愛撫します。しばらく私の感触を楽しんんだ後、俺もさせてよ…言いながらおじさんは後ろから立ちバックで入れてきました。

 周りでは夕食の準備をしてるお姉さん達がいるのにおじさんは激しく腰を振りました。結局おじさんは出なかったんですが、夕食前に私は4人を受け入れ、数えきれない程逝っちゃいました。

 夕食後、お喋りしてるとスワップパートナーを選ぶ事になり、私はヘトヘトだったので彼氏とのゆっくりしようと思ったのに、ひょうきんおじさんに強引に連れていかれ、明け方まで抱かれ続け、

 何度も何度もかけられ、覚えてない程逝かされました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ