夜も朝も攻めるお嫁さんとのエロ体験談

 昨晩に続き、今朝の出来事。夜、乳首責めとローター、クリバイブで逝かされまくった翌朝お嫁さんがのそのそと起床、ベッドでぐんにょりとしていたので、起きないとまた襲うよーと冗談で言うと

「なんにも感じないからどうぞー」と気の無い返事が、それならばと早速襲い始める。パジャマを剥ぎ、胸を揉み、ゆったりと乳首を撫でていく…たしかに、無反応。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 なんて事はなく、早々にビクビクし始めるお嫁さん、乳首を摘みグッと力を入れると「んっ」と声がする。親指で回すように弄るとあっという間にスイッチON、腰が浮き、胸を突き出すように仰け反る。

 …いくらなんでも早すぎる。不思議に思い聞いてみると、昨晩のガン逝きが忘れられず、またされるのを期待してこっそりオナニーをしていたらしい。

 そんな話を聞きながら乳首を責めていると、もぞもぞと右手を下半身に伸ばしていく、よほどオナニーがしたいようだ。気持ちよくなりたいなら手伝うけど、最初は自分でして見せてよと言うと

 渋りながらもクリオナを始めるお嫁さん。普段は恥ずかしがって絶対しないのに…クリオナに夢中になっているので、乳首と首筋を愛撫してあげていると、突然

「やばい…もう無理…い〝ぃっ…!!」と言ったかと思うと…シュッ!!っと音がした。同時にベッドからもパタタタと音がする。なんと、潮を吹いてしまったようだ。

 初めてだったので驚いていると、「ぅぅぅ…ぐぅぅ…あぁ…っ」と逝くのが止まらない様子。このまま挿入したらどうなるのかと思い、すぐさま挿入しようと両足を開かせる。

「待って、いまはダメ、やばいから…」と止める声を無視して一気に奥まで挿入。「まっ…むり…あ〝ぁ〝っ」と声を上げたかと思うと、結合部から愛液?が溢れ出す。

 奥まで挿入、一気に抜く を繰り返すたびに、シュッと出た潮が下腹部に当たる。お嫁さんはお漏らしをしていると思っているみたいで「やめて、汚いから…」と止めようとするが、快楽も凄いようで、両足は絡めてくる。

 頭の中が恥ずかしさと快楽で混乱しているようだった。何度も出し入れし、その度に潮を吹き出し、息が絶え絶えになった所で一気に引き抜き、潮吹きと同時にお腹にフィニッシュ。

 朝から濃厚すぎる時間を過ごしてしまい、今日は一日何も出来ませんでしたとさ。笑

↓他のHな体験談を見る




ホームへ