手っ取り早く妻の妹にロックオンした告白

 私とおる60歳、妻 康代55歳。子育て中は年数回しかなかったセックス、子供たちが独立してからは週1回になった。私としては物足りないが仕方ない。妻には15歳年の離れた妹こずえ40歳がいる。

 これがまた可愛い私の理想の女性だ。妻と結婚以来ずっと抱きたいと思ってた。今は年2回だが妹夫妻と旅行に行っている。部屋は別々だが食事は一緒にしてもらった。みんな楽しく食事お酒も進んでいた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 食事が済んでからも持参したお酒とおつまみを。会話も弾んでいたが 眠くなり知らない内、寝てしまったようだ。眼が覚めると3人も寝ていた。無性にやりたくなり、妻のクリちゃんを触ったらだんだん濡れてきた。

 寝ているから自分だけ気持ちよくなればいいと思い、一気にオチンチンを妻のオマンコに入れた。なんとなく入れた感触や太ももの厚みに違和感を感じたが、めちゃくちゃ気持ちいいから、必死に腰を動かしていたら喘ぎ声がしてきた。

 あれっ?妻は感じても声は出さない。よくよく見たら妹のこずえだった。今更、やめられない。やめたくない。こずえは必死に声を押し殺していた。私の夢は康代とこずえを並べてバックでぶち込むことだった。

 こずえのオマンコからオチンチンを抜き、寝ている康代をうつ伏せにしいきなりオチンチンをぶち込んだ。幸い私のオチンチンは こずえの愛液で、ビチョビチョだったのですんなりと入った。

 康代は みんなを起こさないようにと小さな声で怒り始めた。いつもなら謝るが今日は別。こんなチャンスないからね。激しく激しくついた康代を四つん這いにし こずえを引き寄せ交互についた。

 康代も こずえも よがりまくっていたが思っていたより楽なものじゃない。とりあえず2人をイカせなきゃとは思ったが暴発してしまった。情けない…義理の弟を見たらなんとなく薄めを開けて、

 見ていたようだったので嫌がる康代を説得し、義理の弟の横に行かせた。康代は年だか酒井法子にそっくり私の友達からも100万円でやらせてほしいと、何回も言われたことがあるほどだ。

 いくら おはさんでもそんな康代に少しは憧れていると思う。康代は いきなり義理の弟のオチンチンを触り始めた。そしたらいきなり暴発義兄弟そろって早漏のようだ。

 まあ、みんなで風呂に行こうってことになり、貸切風呂に向かった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ