派遣家庭教師のアルバイトで結婚相手を

 大学4年の秋の事です。就職も決まり卒業旅行の資金作りの為に、派遣家庭教師のアルバイトを始めました。生徒は女子高生3年の小島尚美(仮名)でした。

 某有名私大を希望していて、バイト料の他に合格したらボーナスを支給すると親から言われ燃えました。尚美は普通の女子高生で性格も良く、素直で少しずつですが成績も上がって来ました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 たまに恋バナなんかしてました。そして12月に尚美の家に行く前にエロDVDを購入しました。私は足フェチでストッキングと、ハイヒールに興奮する性癖でその関係のものでした。

 黒いビニール袋に包装されて中身は見えないので安心してたのですが、私が尚美の家でトイレを借りて尚美の部屋に戻った時、尚美が黒いビニール袋の中のモノを見ていました。

「こら!人のモノを勝手に・・」「先生やらしい~笑」エロDVDを慌てて隠しましたが後の祭りです。先生ごめんね~笑。勝手に見て・・でも気にしないで。笑、先生も男だし!そういうDVD見るの普通だよ・・暖でも・・先生・・ストッキングが好きなんだ・・」

 私は自分の性癖がバレて顔が紅潮しました。「そうか・・誰にも言わないよ暖私と先生の秘密だよ・・」そんな事があり、次の家庭学習の日が来ました。

 尚美にストッキング好きの性癖がバレて気まずいな・・と思いながらインターホンを押すと「どうぞ~」と尚美の声でした。ドアを開けると尚美が立っていました。

 それも・・タイトミニとベージュのストッキングを履いていました。「今日、お母さんが用事でいないんた・・」それにしてもストッキングなんか履いて、この前のDVDの事で俺をからかっているのか?

「どうですか?私のストッキング履いた足は?初ストッキングだよ。先生が初めて見たんだよ。私のストッキング履いた足・・笑感謝してね!笑」「あ・・ああ・・」勉強中は気にしない様にしてましたが、
やはり性癖なのか・・

 尚美のストッキングを履いた足が気になり、チラチラ見てしまいました。尚美のヤツ・・意外に足が綺麗だな・・あの太ももも美味しそうだ・・などなど「先生!笑・・私の足ばかり見てる!笑。やっぱりストッキング効果は凄いなー」

 尚美はベッドに腰掛け、ストッキングを履いた足を組んだり、伸ばしたり私に見せつけて挑発して来ました。挑発と分かっても目が離せませんでした。

「先生・・本当にストッキングが好きなんだね。なんだか笑えちゃう・・笑」
「いや・・ストッキングを履いた尚美ちゃんの足があまりに綺麗で・・」
「本当に?私の足綺麗?」
「本当だよ・・」
「嬉しいな~暖褒めてくれた御礼に触ってもいいよ・・」

「え?本当に?」
「うん・・少しだけだよ・・あ!足だけだからね。」
「分かった・・」

 私は尚美に近づきストッキングを履いたふくらはぎ、足の甲をタッチ、そしてつま先をいじりました。太ももに手が行くと、尚美の顔は真っ赤でした!可愛い・・初めて尚美を女として意識しました。

 つま先部分に軽く唇を這わせました。「あ!」予想外の攻撃に尚美は声を上げました。タイトミニをめくると可愛い純白のパンティがストッキング越しに見えました・・

「先生・・」先生の言葉で我に返りました。流石に立場上これ以上はヤバい!「尚美ちゃん・・これ以上はヤバい・・止めておくよ!」「うん・・でも先生・・私のストッキング履いた足をもっと沢山触りたい?」

「まあ・・男だから・・」
「そしたら続きは大学合格したらね!笑」

 そして尚美は無事大学合格。その1ヶ月後に尚美とラブホチェックイン。そして私は現在28歳、尚美は24歳です。来年結婚予定です。苦笑

↓他のHな体験談を見る




ホームへ