女性課長と一緒に出張した男女の出来事

 日程は3泊4日。とある研修会へ参加した時ことのでした。課長の典子さんは37歳独身。見た目若々しく、背は低めだが胸のボリュームは中々な美人さんだ。

 初日は開催地への移動だけで何もなく、普通に外食したあとホテルのそれぞれの部屋で就寝。2日目は研修会に参加したあと、夕方から街をぶらつき、飲み屋をハシゴしてました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 最後に寄ったバーで恋愛観などの話題で盛り上がってきたところで、課長からの一言。「最近気になる相手はいるけど、立場が邪魔してるんよね~」正直、高まる期待感。うちのスタッフの中でも俺が一番からまれ度が高い。

 お前は愛されてるな~、なんて同期に言われるくらいだが、あくまで部下としての話と思っていた。平静を装って、「そんなの気にしてたらダメですよ~」なんて感じで話に乗ってると、

「じゃあ、今日だけは課長なんて呼ばないでくれる?」とトドメの一言。しどろもどろになってるところ、課長は「そろそろホテルに帰ろうか」と言い出す。

 ホテルなんて名前が出てますます緊張してる俺を、典子姐さんがグイグイひっぱってくれる。ホテルに辿り着き、隣同士の部屋の前にくると、いつもおれをいじってる時の笑顔+明らかに期待した目で「どうする?」と聞いてくる。

 ホテルに辿り着くまでの間に緊張は通り越し、スタイルのよさそうな典子姐さんとデキるという期待感が膨らみまくっていたので、「おじゃまします」返事してみる。

 相手は課長。でも、女を意識してからはその美人さとスタイルの良さばかりが目に映ってしまっていた。部屋に入り、鍵を閉めた瞬間我慢しきれず典子さんを抱きしめてキスをする。抱きしめて気づいたが、胸の大きさのわりに身体は華奢だ。

 キスを楽しんだ後、シャワーを浴びると言い出した典子さんは浴室の中へ。狭いビジネスホテルの部屋の中。シャワーの音なんか同じ部屋にいたら普通に聞こえる。頭の中で裸でシャワーを浴びている典子さんの姿を想像して、我慢なんかできなかった。

 とっとと服を脱ぎ捨てて、俺も浴室のドアを開ける。俺が入ってきても、そんなに驚いた感じもなくシャワーの下にあるバスタブの端に寄って、俺が入るスペースを作ってくれる。

 さすが10歳年上の典子姐さん。余裕ありすぎ。お湯も溜まってないバスタブの中で抱き合って、キスを楽しむ。結構長い時間キスを楽しんでたので、空っぽだったバスタブに脛の真ん中くらいまでお湯が溜まっていた。

 いつもは服の上から眺めていた胸は予想以上にでかく、聞いてみると88のFカップ。細すぎの、胸でかすぎ。バスタブの中に腰を下ろし、典子さんには後ろ向きになって座ってもらう。

 お湯をかけてあげつつ、その大きな胸を堪能。マジ幸せ。胸を堪能しつつ、自然とアソコに手を伸ばして弄り、キスも楽しむ。典子さんの口から漏れる声が色っぽ過ぎる。

 もう最初の一発めなんて、長いこと我慢は出来ない。もう一度典子さんを立たせ、あまりもたついた感を出したくなかったので、そのままバックで入れることに。

 ヤバイ、いよいよ課長相手に入れちゃうんだ、と思うと緊張してしまう。でも、間髪いれずに典子さんの一言。「遠慮いらないから、一気に最後までお願いね」

 さすがです典子姐さん。俺の気持ちを読み取った? それとも、年下で尚且つ部下である俺に対する心遣い? そんな年上のお姉さんに転がされる悦びを感じつつ、一気に挿入。

 そして言いつけ通り、余計なことは考えずに一気に全力出して突きまくる。物凄く気持ち良い。そして、上から背中を見下ろすとやっぱり細い。でも、背中で隠れてる胸に手を伸ばすと、手から溢れるくらいの大きな乳が待っている。

 何分持ったのかわからないけど、自分でも情けないほど早く射精し、背中にぶっかける。典子さんは背中で俺の射精を感じ取ってくれてたんだろう。抜いて射精が終わったところでバスタブの中に座り込む。

 お湯をかけて、精液を落としてあげている最中は肩で息をするだけでピクリとも動かなかったが、少しして「課長」と声をかけるとすぐに向きなおして首に手を回し、キスをしてきた。

 さっきまでのキスは俺が典子さんを味わう意味合いが強く、典子さんは受動的でいてくれていたが、今度のは逆に典子さんからの攻めを感じるキスだった。

 スゲェ。やっぱ10年の経験値の差はハンパ無い。キスを止めて、呆然としてる俺に「ベッドで待っててね」といつもとは違う艶のある笑顔で言う。典子さんが出てくるのを待つ間、典子さんをどう抱くか考えていたが、甘かった。

 フェラやパイズリのエロさは抜群。セックスそのものの主導権を握られ、逆に激しく責められる。時間は見てなかったが、短時間に何回も抜かされ完全敗北だったが、俺なりに典子さんを悦ばせようと頑張ってるところはしっかり感じ取ってくれた様子。

 セックスが終わり、「頑張ってくれたね」とキスのご褒美を受ける。その後は特に会話もなく。というか、燃え尽きて入眠。次の日は早めにホテルに戻り、また一緒にお風呂に入るところからセックス開始。

 前日の典子さん主体の激しいセックスとは違って、俺のわがままなセックスを受け止めてくれる。すっかり典子さんとのセックスにハマッテしまった。出張から戻った後も、かなりの頻度でセックスを楽しむセフレ状態に。

 そんなセフレ関係を3ヶ月ほど楽しんだ後、今では完全に尻に敷かれた恋人関係に。でも、俺の性欲はすべて受け止めてくれます。年上の女性、最高。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ