最後までやっとけば良かったと悔いが残った体験談

 去年の出来事です。地元の三流大学を出て、地元の三流会社に就職しました。夜の楽しみは行き付けのスナック通いでした。相棒は高校時代の悪友で土木作業員の近藤でした。

 そこで出合ったのが香織でした。香織の母親が経営するスナックで、昼はOLで夜にアルバイトで働いていました。香織のミニスカートとムチムチ脚線美と、なんといっても90センチ以上はあると思われる巨乳に心を奪われました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 二人で香織を口説き続けた結果、、香織は近藤を選びました。あの巨乳が近藤のモノに!強烈な嫉妬が芽生えました。やがて近藤と香織は結婚しました。

 そして香織と出合って5年目27歳の時に、私は東北営業所開設のメンバーに選ばれ転勤命令が出ました。香織は一歳年上の28歳になっていて、まだ子供はいなくて体調を崩した母に代わってママとして店を
切り盛りしていました。

 巨乳ママは客の人気者でした。当然客は香織の巨乳を想像しながら酒を飲み、いつかはあの巨乳を拝みたい!と願いながら来店してたと思われます。

 しかし夫がいてその夫の近藤もちょくちょく店に顔を出していたので、あからさまに香織を口説く客は
いませんでした。私の転勤でスナックでも盛大に送別会を開いてくれました。

 そして翌日、東北に旅立つ最後の夜でした。閉店間際に私は店に顔を出し、送別会の御礼を言いました。客はいなくて香織は「少し飲まない?」と誘ってくれました。グラスを傾け思いで話です。

「あ~!東北か・・香織ちゃんと会えなくなるな~」
「寂しくなるね。」
「香織ちゃんは近藤と結婚しちゃうし・・笑。俺も香織ちゃん好きだったんだぜ・・苦笑」
「ごめんなさい。笑」

「香織ちゃんの巨乳が近藤のモノになった時、嫉妬したよ・・笑笑」
「あはは・・」
「何度も想像した香織ちゃんの巨乳・・何度も一人エッチしたな~笑」
「え?本当に?」

「ドン引きした?笑」
「いや・・光栄です・!笑」
「香織ちゃんの巨乳を拝めず東北に行くのが唯一の心残り・・苦笑」
「も~これでも一応人妻なんですけど・・笑」

 グラスが底をつき「そろそろ帰るか・・」となった時、「ちょっと待って!」香織が私を引き留めました。「宮崎君!眼を閉じて・・」さてはプレゼント?「ハイハイ」少したって「眼を開けて・・そしてゆっくり後ろを向いて」言われるままにすると、後ろに香織が立っていました。上半身裸で・・巨乳は両手でブロックです。

「香織ちゃん・・」「ずっと店に通ってくれた御礼よ・・私の事を好きになってもくれたし・・」ああ!あの両手を外すと、夢にまで見た香織の巨乳を拝める!見たい!見たい!

 でも・・ダチの奥さんのおっぱいを見てもいいのか?「主人の事気にしてる?親友だもんね・・
親友の奥さんの胸だけど・・どうする?この手で隠してる部分見たい?」近藤ゴメン!

「見たい・・」「分かった・・」香織はゆっくりと両手を下げて行きました。そして・・香織の巨乳!!
乳輪は少し大きめでしたが、乳輪と乳首はピンクに近い薄い茶色でした!

 これが香織の巨乳!!乳首はあんな形だったんだ!あんな色だったんだ!やっと知れた!!!「見るだけでいいの?」これ以上マズイ!香織に触れたらイカン!近藤に申し訳ない!

 そこでストップしました。あれから10ヶ月です。やっぱり最後までやっておけば良かった!と少し後悔!?

↓他のHな体験談を見る




ホームへ