会社の倉庫でチョイの間SEXにエロの極み

 前の会社で同僚だったセフレのMとは、1年間くらい関係が続きました。その間、いろんな場所でキスしたりHしたりしましたが、一番興奮したのは、昼間に会社の倉庫でやっちゃった時です。

 うちの課の倉庫は執務室の隣にあって、基本的にいつもドアは開きっぱなしです。Mは違う課の所属でしたが、仕事上よく僕のいる課に顔を出していました。それまでにも何度か、残業中に二人で倉庫に隠れてキスをしたり、

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ちょっとだけ舐めてもらったりしたことはあったんですが、その日は昼間、僕が一人で倉庫で探し物をしていると、いつもの様にうちの課に書類を届けにきていたらしい彼女が、気配を感じたのかこっそり倉庫にやってきました。

「俺がここにいること分かったの??」「席にいなかったから、なんとなく(笑)」倉庫の入り口は開いているので、入り口から見えないよう、キャビネットの陰に隠れるように、こっそりとキス。

 舌を伸ばしてみると、彼女も嬉しそうに舌を絡ませてきます。服の上からゆっくり胸を揉みつつ、彼女の手を僕の股間の方向へ誘導。すると自分から、ズボンの上から、ゆっくりさすってくれました。

 僕がチャックを開け、「舐めて…」と言うと、彼女はしゃがんで、ゆっくりとフェラしてくれました。彼女のフェラはとても上手で、ゆっくりと、ペロペロと舐めてくれます。

 もうだいぶ興奮してきた僕が、「入れたくなっちゃった?」と聞くと、「…うん」とかわいくうなずきました。彼女のスカートをめくり上げ、ストッキングを膝下まで下ろし、立ちバックで挿入。

 キャビネットで隠れていて入り口からは見えませんが、ドアは開いているので、音を立てないようにエッチをするというのが、すごい興奮しました。バックで挿入しながら、彼女の耳元で「気持ちいい?」と聞いてみると、吐き出しそうになる声を押し殺しながら、「…うん」と答えてくれます。

 仕事中の倉庫という異様なシチュエーションに興奮した為か、普段より早めに絶頂を迎えてしまった僕を、彼女はいつものように口で受け止めれくれました。

 終わった後はこっそりと二人、それぞれの課に戻りました。すごい興奮したHでした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ