どうにも気になる同じ職場の女子社員は巨乳

 30歳の時の話です。本店から地方店へ29歳の時、異動となりました。営業成績が今一つだったので、東京本店から出される形となりガッカリな気持ちで某地方店へ赴任して、

 まず目に飛び込んだのが営業サポートの事務員、加藤由紀(仮名・当時34歳)さんの制服を突き破ると思わせる巨乳でした。凄い・・が第一印象です。勤務時間に由紀の胸の膨らみを見るのが楽しみとなっていました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 夜は巨乳モノのDVDをレンタルしては、由紀を想像してのオナニーざんまいでした。男性社員から由紀の話を仕入れました。由紀の巨乳は当然男性社員の注目の的であり、過去に何人かの社員がアタックしたそうですが玉砕したそうです。笑

 3年前に当時の店長が飲み会で由紀の胸を揉んで、セクハラ降格で島流しになった事も聞きました。男性社員は由紀のおっぱいを拝んだ者が巨乳の全容・・おっぱいの形、乳輪と乳首の色と形を報告する密約を結んでいるそうです。

 由紀の巨乳の秘密を知るのはその地方店の男性社員の悲願となっていました。地方店へ赴任して1年経ち、私は30歳、由紀は35歳でした。定時退社デーの金曜日に客先で仕事が押して、支店へ帰って来たら由紀だけが残っていました。

 どうやらパソコンの調子が悪いらしく私が直してやりました。「村田君凄い!」由紀に褒められ、そして食事に誘われました。「金曜日の夜にご飯付き合ってくれてありがとう。今日、両親が出掛けてご飯がなかったの。笑」

「こちらこそ・・」「村田君彼女いないの?金曜日の夜に会社の同僚と食事して大丈夫?」「彼女なんかいないですよ。この街に知り合いもいないし・・」初めて由紀とプライベートの突っ込んだ話をしました。

 由紀は恋愛の苦い話もして来ました。昔から胸が大きくて男子からジロジロ見られて、男性不信になってるみたいでした。前の会社で付き合った男性が、会社仲間に由紀の胸の形や色などをバラしたらしく、恥ずかしくて会社を辞めて今の会社に転職したそうです。

 今の会社の男性社員も同じ感じだ・・「なんか村田君聞き上手だね。笑・・余計な事言っちゃった・・」由紀は結構飲んで少しも千鳥足でした。意識はしっかりしていました。由紀をエスコートしてる間、由紀の胸が何度も肘にあたり私は勃起でした。

 タクシーで由紀を実家に送るとお茶に誘われました。「両親がいなくて・・コーヒーでも飲んでって・・」まさかの由紀家の訪問でした。コーヒーを飲みながらまたまた恋ばなでした。

「村田君、営業店で誰が好きなの?笑」「根本さん?(27歳)年齢が調度いいかも!それとも新人の佐々木さん?(19歳)笑笑」「いや・・か・・さん・・」「えっ?聞こえない!」「加藤さんです・・」「えっ?私?」

「転勤した日から・・でも胸目的じゃなくて・・加藤さんの胸が小さくても好きというか・・」「私・・35歳よ・・5歳も上だよ・・」「関係ないです!」戸惑う由紀に近づきキスをトライしました。

 軽く唇が触れました。「あ・・ダメ・・」でも完全な拒否じゃない!やがて完全なキス・・私と由紀は由紀の部屋のベッドでした。由紀ともう一度キス!そして耳たぶ、首筋へ愛撫!「う・・うん・・ああ・・」

 由紀のブラウスを脱がすと、巨乳を包んでいる白いブラジャーが表れました!!大きな乳房を固定するために下の部分のワイヤーが、かなりしっかりしてる・・こんなブラジャーを直に見たのは初めてでした。

 ブラジャーに手を掛けると「あ!ダメ・・」おっぱい拒否です。焦らず下半身です。由紀のストッキング越しの足を撫でながらキス・・お腹、脇腹愛撫・・タイトスカートを脱がしてストッキング越しのパンティとご対面!

 ストッキングとパンティ腰にアソコをツンツン・・「ああん・・」そしてキス!長いキスをしながら、ブラジャーのカップを少しずつズラして行きました・・あともう少しで巨乳由紀の乳輪と乳首だ!どんな色と形をしてるんだ!?

 あと1センチ・・その時、由紀は手のひらで乳輪と乳首を隠しました!私はブラのホックを外すと由紀は慌ててもう片方の乳輪と乳首を隠しました。手ブラ状態です!焦らされて余計燃えました。

 再び下半身でストッキング越しの足を付け根からつま先までじっくり味わいました。「はあ・・あん・・いやん・・」由紀はかんじながらも手ブラは崩さず。ストッキングを脱がしてパンティの中に手を入れました。

「あ!・・あん!ああ・・」由紀のアソコは濡れていました。指でソフトタッチでアソコを指攻撃。「ああ・・村田君・・あん!」そしてキス!由紀の手ブラが崩れて来ました・・もう少しだ!

 会社で誰もみたことがない由紀の巨乳の全容が見れる!オナニーで何度も想像した由紀の乳首はどんな色だ?やがて由紀の手が乳房から離れました・・謎に包まれていた神秘のベールが遂に・・

 乳輪は巨乳の割にはそんなに大きくなく、乳首の色は茶色とピンクの中間でした。「これが由紀さんの・・こんな乳首だったんだ・・」「ああ・・見られた・・」由紀はプチけいれんでした。

 由紀の巨乳を何度も攻め立てそして合体しました。その1年後に由紀と結婚しました。由紀を知らない学生時代のダチは「36歳の女と無理に結婚しなくても・・」とよく言われましたが、

 由紀の胸を強調した感じに見える写メを見せると「羨ましい!」となります。苦笑 現在は由紀37歳、私32歳。娘も産まれ由紀の実家で暮らしています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ