まさか叔母と無言でSEXして射精するなんて

 50歳に鳴る母の妹(叔母)が離婚され、近くのアパートに住むように成りました。頼れる身内は母だけで アパートの保証人に成り、アパートに入った叔母の法子は仕事が決まって無く、俺が母に頼まれ 時々 食品など持って行ってました。

 休み前日の夕方、野菜と米を叔母に持って行くように母から言われ、持って行き 夕飯を叔母のアパートで食べました。酒も飲んだので 母に、「酒飲んだから 法子の処に泊めて貰うから!」と電話して泊まる事にしました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 小さい頃から何故かノリコ と呼び捨てしてて、「法子 気晴らしに 飲みに行こうか?御馳走するから!」アパートから近い居酒屋で飲んで、カラオケboxで歌いアパートに帰りました。

「ルイ、ごめんね‥すっかり御馳走になって‥」「良いよ仕事するように成ったら、御馳走になるから!(笑)」布団を並ぶ寝ました。暫くして、

「ルイ、ありがとう‥」
「何?」
「何も、聞かないでくれて‥」
「色々有るだろうから‥」
「ルイも大人に成ったわね‥」
「32だよ、もうオジサンの部類だよ(笑)」
「小さい時は、私の出ないオッパイ 吸って、出ないって泣いてたのに‥早い物ね‥」

 布団から出してた手に 叔母の手が触れました。叔母の手を握り、「覚えて無いな~今 吸ったら どう何だろうな?(笑)」「ルイ 吸ってみる?‥」叔母は俺の手を握り引っ張るので 叔母の布団に入って行きました。

 叔母はパジャマのボタンを外し 広げた中はノーブラで薄明かりに大きな乳房が見えました。ソッと乳房に触れ、乳首を唇で挟みゆっくり吸いました。無論乳は出るワケも無く、赤ん坊が吸うのと、大人が吸う意味合いは違い、ゆっくり乳首を舌で転がし、そこには甥と叔母は存在せず!

 男と女が裸で抱き合い、舌を絡ませ手はお互いの性器を弄り合ってました。叔母の手の中で激しく勃起し俺の指は滴るほど濡れてました。

「ノリコ‥」「ルイ 来て‥」1つに繋がりました。飢えた男と女が激しく淫らに交尾して
「アァッアァ イク‥ルイ イク‥」
「ノリコ‥出そうだ‥」
「ルイ 出して‥マンコの中に‥いっぱい出して~ ア~イク~‥」
「ノリコ‥ウゥッ ウッ ウッ ウゥ~ッ ゥ~‥」

 叔母の中に射精!萎えるまで叔母と無言で抱き合って、チンポが萎え吐き出されるように萎えたチンポがヌル~っと抜け出ました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ