ストーカーの様にしこくつきまとわれた体験談

 私自身の体験を楽しく書いていこうかと思っていたのですが、批判的な方からのコメントを頂いてからここに投稿するかどうか何度も考えました。

 このまま、何も言わずにここから去ることも考えたのですが、せっかくご覧頂いていた方に申し訳ない気持ちがありましたので、最後にこういう形ですが投稿することにしました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 色々と露体験をここで書いたこともあり、私が以前から使っていた場所に行っても、ここをご覧頂いている方らしき人がいるように思いました。車種も言ってしまっていたので、私の車がその場所に行くと不自然にこちらの車を見たり凝視したりする男性もいてました。

 やはり露好きと言っても女ですから、そういったのはすこし怖いなぁと思い、最近は別の場所で露活をしようと思い地元からすこし離れた場所で活動をしばらくしていました。けれども、やっぱり分かる人には分かるのですね。

 どこに行ってもつきまとわれているような感覚になってしまい、精神的に少し参ってしまいました。そんな嫌なことを全て忘れて気持ち良くなろうと、昨晩はO阪まで車を走らせてとある場所に行きました。

 夜にも関わらずカップルがたくさんいてましたので露活は出来ないなぁと思い、kinki道にある簡易PAに車を停めて車内で一人で楽しもうとしました。

 時間も時間ということもあったのですが、あまりに駐車している車がなかったので、全裸になって脚をダッシュボードの上に大きく開いておいて、中指と薬指をあそこに入れて、初めから高速で指を出し入れしました。

 最近の嫌な感情を忘れようと夢中にあそこを弄り回すと今まで感じたことがないぐらいのめまいのようなものを感じ、思いっきり潮を噴いていってしまいました。

 それだけでは心に残っているモヤモヤが解消されず思い切って全裸で車外に出ました。最初はすごく怖い気持ちでしたが、誰とこないことと少し感覚がおかしくなっていたこともあり、ボンネットに両手をついて両脚を左右に広げてお尻を突き出すような格好をしました。

 淫らな格好をしていると思えば思うほど目の前が暗くなり頭の中がどんどんクラクラしてきました。頭をボンネットにつけて左手で胸を揉み、右手の中指と薬指であそこをいじり倒しました。

 もう何をしているのかもわからないぐらいの快感が身体の中を突き抜けていって、何度も脚をガクガクとさせていってしまいました。こんな変態行為をしていると思うだけでも頭がおかしくなるほどになってしまいました。

 私はこれからも露活はしていくかと思いまず、今後はひっそりと活動していきたいと思います。今までありがとうございました(^^)

↓他のHな体験談を見る




ホームへ