夢なら醒めないで欲しいと思った女色に溺れた体験談

 社会人になってすぐのことです。ある金曜日の夜、外回りの営業が終わったあと会社の先輩に誘われて居酒屋で夕食がてら酒を飲んでいました。このS先輩は当時40歳くらいだったかと思いますが、

 酒を飲むと必ず愚痴をこぼすのと、2軒目3軒目と際限がないのが困りもので、僕は内心うんざりしていました。終電の時間を過ぎるころにはSさんはけっこう酔っていて、僕がそろそろ帰ろうと言うのに「今から六本木に行こう」と言ってききませんでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 いちおう上司でもあるSさんには逆らえず結局連れて行かれたのですが、着いたのはちょっと高級なカラオケスナックラウンジといった店で、Sさんは馴染みのようでした。

 オカマのママさんとSさんが談笑しているあいだ、僕はヒマをもてあまして店内を見回していたのですが、ふとひとりの白い和服姿の女性に視線がひきつけられました。年齢は28歳くらいで170㎝ちかいすらりとした長身。

 はじめは後姿しか見えなかったのですが、着物のうえからでもその脚線美とプロポーションのよさは想像がつきました。しばらくしてちらと横顔が見えたのですが、韓国系の目元がきりりとした若い頃の杉本彩を思わせるセクシーな美人で、思わず身を乗り出して見てしまうほどでした。

 客の男と談笑している感じから察すると、どうもその女性も店の常連客のように見えました。アップに結わえた艶やかな髪と、うなじの美しさにしばらく見とれていたのですが、気がつくとその女性が僕のほうをちらっと見返したのがわかり、あわてて視線をそらして煙草に火をつけました。

 その後しばらく酔っ払ったSさんとママさんのくだらない話に相槌をうっていましたが、「Sさん久しぶりじゃない」という艶やかな声に、ふと目を上げました。

「おお、ユカちゃん、久しぶり!…ほらこっち座って、こっち!」
「やだ、Sさんのとなりは。…彼のとなりにしよっと」

 由香と呼ばれたその女性は、さきほどの和服の美女でした。となりに腰をかけたときなんともいえない甘い香りがして、僕は胸が高鳴るのを覚えました。聞いてみるとやはり由香さんはこの店の常連客で、本業はホステスだとのこと。

 ちかくで見るとあらためてその美しさに気圧される思いでした。ややメイクが濃いかんじではありましたが、ロイヤルミルクティーくらいのかすかに小麦色に日焼けした肌が白い和服に映えて、匂うような色香を発散していました。

「ねえ、きみ飲んでる?…なにかほかのもの飲みたい?」
「あ…ハイ…飲んでます…大丈夫です…」

 Sさんがママを相手に会社の愚痴をこぼしながらくだを巻いているのをいいことに、僕は由香さんを独り占めしていました。由香さんと僕は偶然にも地元が一緒で、それがきっかけで急速に仲良くなりました。

 郷里が一緒だということがよほど嬉しかったのか、由香さんは時おり僕の膝に手を置いて、初対面とは思えないほど親しげに話してくれました。目元にほんのりと紅がさしているところを見ると、けっこう酔いがまわっているようでもありました。

 気がつくとからだが密着してきているのがわかり、僕は思わず下腹部が熱くなるのを抑えられませんでした。「ねえ…さっき…わたしのこと見てたでしょう」「…え?…」まわりの喧騒をよそに、由香さんが耳元で囁きました。

 驚いた表情で見返すと、由香さんはくすくすと笑いながら、甘い息の香りが嗅げるほど近くに顔を寄せて、甘えっぽくなじるのです。

「かわいい顔して…。お姉さんを誘惑しようとしてんの?」
「…いや…そんな…」
「うふン…照れちゃって、超かわいいんだけど!」

 始めはからかわれているのかと思いましたが、どうもそうではないようでした。「由香は年下大好きだからねー、最近ご無沙汰だから、きみ、食べられちゃうよ」ママが言うのを聞いてSさんが「おい、由香! なにいちゃついてんだ!」と大声をあげましたが、由香さんは野次を無視して、指先で僕の顔をつつくのをやめませんでした。

「わたし、オジサンだめなの。お店にくるのはオジサンばっかだし、若い子とか最近ぜんぜん縁がないからつまんないの…」キスができるほどの近い距離で甘えっぽく囁かれるたびに、僕の下半身は正直に反応していました。

 まるで言葉で股間をもてあそばれているようでした。まさか自分みたいな小柄でハンサムでもない男が、こんな長身で美人のお姉さんに気に入られるなんて本当に信じられませんでした。

「わたし…Eくんみたいな猿っぽい顔の子、超タイプなんだよね…」耳元で熱い吐息をふきかけられ、僕はゾクッと身をふるわせました。「ねえ…Eくん…年上のお姉さんきらい?」僕はまるで催眠術にかけられたように、首を横に振って否定しました。

「…じゃあさあ…ふたりで…お店出ようよ…」その言葉をきいたとき、僕は完全に勃起してしまいました。お姉さんに手をひかれるまま、酔い潰れたSさんを残して店を出ると、すぐにタクシーに乗り込みました。

 タクシーは目黒あたりにある由香さんのマンションに向かっていました。タクシーのなかでも由香さんは僕の手を握って、時おり小悪魔っぽい微笑をうかべていました。とにかく夢なら醒めないで欲しい。

 心の中でそれだけを祈っていました。ペットボトルの冷たい水を飲んだおかげで、もともとそれほど飲んでいなかった僕は完全に酔いから覚めていました。タクシーを降りて手をひかれながらエントランスを過ぎ、エレベーターに乗り込むなり由香さんはしなだれかかるようにして、キスを求めてきました。

「…はあンッ…うふンッ…!」甘い息をふりまきながら大胆に舌をからめてくる熱っぽいキスに、僕はもう脳髄がとろけるほど興奮しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ