パラダイスだった野外SEXで中出し

 メル友に誘われてエッチしてきました。ちょっとエッチから、遠ざかっていたので、やりたくて仕方無かったんですが、逢ったその日にやっちゃいました。ホテルのレストランで昼食を済ませた後、ドライブに行き、

 山の中に連れて行かれました。景色のいいところで車を彼が止めたので、私は車から降りて彼を待っていました。彼はベンチに私をそっと寝かせて、服の上から胸を揉んできました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 彼が耳元で「緊張してるね、緊張しないでいいからね」って優しく呟いてくれて、その後、ブラを上にずらされ、乳首を触られました。私って乳首がすっごく感じるみたいで、乳首を弄ばれている間、身体に電流が流れたみたいにすっごく感じて声を知らず知らずに内に声を上げていました。

 そしたら、彼の手がスカートの中へ。Tバックパンティの細い布をずらされて、いよいよ私のクリちゃんにきて、クリちゃんを摩ってきました。そしたらもっと感じてきて、彼に抱きついてしまいました。

 彼が「気持ちいい?」って聴いてきたので「ウン、気持ちいい」って答えました。そしたら、ブラとパンティを脱がされ、直で私のクリちゃんを触ってきました。そして、彼の指が私の中に入ってきて、まだあまり濡れてなかったので、最初は少し痛かったんですが、だんだん気持ちよくなって来ました。

 そして、私の声も自分でも恥ずかしいくらい大きな声になっていました。景色のいいところなので、他にも車が来ないか最初は気になってましたが、だんだんどうでもよくなってきました。

 彼は指をやめて、今度は私のクリちゃんを舐めてきました。最初はあまり感じなかったけど、だんだんと彼の舌使いに感じてきてもう、私のマ○コはびちょびちょ。でも彼は止めないで舐めつづけていました。

 何度も「気持ちいい?」って聴いてきたので、そのたびに「うん」って答えました。だってホントに気持ち良かったもん…。私は無意識に足を閉じてしまいそうになったのですが、彼が、私の両足をガバっと広げて舐めてきて…。

 そしていよいよ挿入。ベンチに座らされて、足を大きく広げられました。彼はベンチの前に立って、中腰で中に入って、ピストンしてきました。気持ち良くなりすぎて、あえぎまくって、だんだん息が苦しくなってきました。

 彼は私の中から抜いてくれて「じゃぁ、休憩しようか」って言いました。その後も彼とはまたHをしちゃいました。その時は彼がベンチに座り、私が背面座位で上に重なって座りました。挿入したら、いつのまにか彼と一緒に私も無意識に腰を動かしていました。

 そして、私はあっというまにイキそうになりました。私が「いく~~!!」って言ったら、彼が「じゃぁ、一緒にいこうね」って言ってくれました。彼が私の中でヒクヒクしてるのがわかりました。大きく暴れ回っています。

 彼が腰を引いて抜こうとしましたが、私もイクところだったので、そのまま腰を振り続け、「あ~、イク~~~」彼は私の中にドクドクとたっぷり出しました。そのまましばらく繋がっていました。

 2回目もそのままヤリました。アソコは2人の愛液でドロドロでした。立ち上がると、お汁が垂れてきました。彼は、自分の精液が混じってるのも気にせず、ぺろぺろと舐めてきました。その下捌きだけで、イキそうになりました。

 とても気持ちよかったな。後で聞いたら、彼はクンニが好きなんだよ、って言っていました。彼は、私とは身体もそれ以外も相性が合うと思うって言ってくれたので、出会い系から始まった恋だけど、ちゃんとお付き合いが続いています。

 時々、予告なしで中出ししてくるので、ちょっと心配だけど、今のところまだ妊娠してません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ