お客がいるのに何故かムラムラした体験談

 たった今の出来事。夜勤から帰ったら甥2人がお泊りに来ていました。いつも通りご飯をいただき、のんびり…のはずが、何故かムラムラ…洗面所で洗濯機を回しているお嫁さんの背後に忍び寄り、

 服をたくし上げ、胸をぽろり怒られながらも揉んでいると満更でもない反応だったので、調子に乗ってぺろぺろとすると、怒りながらも甘い吐息が漏れてきた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そのままするりと下着の中に手を入れると…ぬっるぬるでした。笑笑 リビングでは甥たちが某妖怪アニメを見ている中、洗面所ではクリ責めに喘ぐお嫁さん…しばらく責めていると、お風呂でしちゃう?との提案が!

 断る訳もなく、ささっとバスルームに入りクリ責めを再開。お股からぐっちょぐっちょと卑猥な音を出しながら、卑猥な格好になっていくお嫁さん。早く入れて欲しいとおねだりされたので、すぐさま挿入!

 声を押し殺そうと頑張るも、「ぅぁぁ…」と声が漏れるお嫁さん。乳首を弄りながらクリをごしごし、足がガクガクし始めたので、膣奥まで一気に挿入。突然の快感に「あ〝っ!」と声が出てしまい、なんと甥が洗面所に襲来!

 無邪気な声で「どうしたの?」「何してるの?」と聞かれたので、咄嗟に散髪中と解答。見たい見たいと盛り上がる甥たち。笑笑 濡れてるから、毛が出ちゃうからと言い訳しているお嫁さんが可愛かったので、乳首とクリをギュッとしてやると、言い訳が震え声に 笑

 その可愛さに興奮し、またまた挿入、一気に奥へ…解答が「うん」と「あとでね」だけになり、とにかく声を我慢することに集中している模様。そのまま膣奥をガン突きすると、「イク…」「ごめんなさい…」と言い、あっという間にお漏らし気味に逝ってしまいました。

 こんな状況でも、いつもの言いつけ通りに逝く時の報告を忘れず、甥と薄い壁一枚を隔ててるだけの状況で、だらしなくお漏らし、昔は普通のHも恥ずかしがっていたのに、とんでもない変態になりってしまったお嫁さん 笑

 20分前の出来事でした。なお、僕は出してもいないのに満足して、結局出さず仕舞いでしたとさ 笑笑

↓他のHな体験談を見る




ホームへ