温泉ホテルの女将さんが意味ありげな行動

 某海無し県の温泉ホテルを19時ごろネット予約。社有車出張中の移動で吹雪となり急遽泊まることにした。5000円素泊まり。宿に着くと40そこそこの女将さんが一人で迎えてくれた。

 笑顔が素敵なゴルフ渋野ちゃん似のナイス笑顔。吹雪の中、駐車場の案内をしてくれて互いに雪まみれでフロントで名前記入した。会社名での領収書をお願いすると変なことを言い出す。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 多めの金額書いてあげるから、会社から多くもらいなよ、金額は?、じゃ10000円って書いとくねと。止めは部屋に領収書を後で届けるからと。何か変な宿に泊まってしまった?と思いつつチェックイン。

 部屋に入ると普通の和室、でも何か変な感じ。あ、テレビがない!変な宿、でもビール飲んで寝るだけと思い荷物置いて、コンビニ買い出しのつまみでビールを開けて窓の外の雪景色を見てた。

 猛吹雪で白と黒の神秘的な風景。そこにノックして女将が領収書を持ってきた。さっきまでパンツに防水ジャケットだったのにスカートにブラウスに着替えてた。

 はいこれ領収書です、それからこれ私の名刺です、何か有れば遠慮なく連絡してくださいって渡された。そこにはLINEのIDが手書きしてありこの宿は普通じゃないと確信しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ