おばちゃんに口で抜いてもらった体験の思い出

 高校生の頃、近所の奥さんと…。子供が小〇生で30代前半。アネキ肌の愛想の良いおばちゃん。夏休みのある午後。オナニーのオカズにパンツを拝借したら、窓の向こうの奥さんと目が合いました。

 俺はパンツ握り締めたままフリーズ、奥さんが手招き。ガキだった俺は「怒られるのか?」とびくひくしながら家の中へ。玄関に入るなり、奥さん「あんた、だったの?」俺「えっ?はい?」奥さん、笑いながら、手がジャージの上から、俺の股間をまさぐる。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 瞬間的に勃起。奥さんがひざまずき、ジャージとボクサーパンツを下げ、手でチンコを握り締めチンコを口にふくむ。童貞の俺は、こんな展開想像もしていなかったので興奮の極地。

 奥さんの口ピストン2往復で口内発射、奥さんがむせるくらいに大量の精液が出た。尿道に残った精液を吸い(くすぐったかった)しかしまだカチカチなチンコを見て「若いのね」と笑った。まだできる?」と聞かれてやっと我に返った。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ