ムードの無いヤルだけSEXの営みに救世者が

 私は現在47才、週三日パートしてる主婦業です。主人は49才の公務員、大学生と高校生の息子、娘が家族で結婚して21年になります。私が40過ぎた辺りから主人との営みは激減、全くのレスではないものの、現在では年数回という有り様です。

 その営みもとりあえずやる、やらせるみたいな感じで、ムードも何もない営みです。このまま、セックスと言うものを忘れるように、年を重ねていくんだろうな、そう思い始めた矢先のことでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 2015年6月、その日はパート休みでした。携帯をポケットに入れて洗濯中、ブーンと着信、メールでした。誰だろうと開いてみると、パート先に出入りしてる運送屋さんのK君でした。

 二ヶ月くらい前に、メルアド教えてと言われ、何の気なしに私は教えましたが、メールも電話もそれまで来たことがありませんでした。「今お宅の近くに来てるんですが、お邪魔してもいいですか」との内容でした。

 え~?なんで家の近くにいるの?と思いましたが、どうせ暇だし、ま、いいかと思い、いいですよと返事しました。私は46才の誕生日を向かえたばかりでした。K君25才、私が洗濯物を干し終えたあたりに来ました。

「どうして家がわかったの?」
「運送屋ですから、この前だいたいの場所を話してくれたじゃないですか?それでわかりますよ」
「そっか、ま、入ってお茶でも飲んで」

 訪問の理由も聞かず、私は家に上げました。K君にコーヒーを出し、その向かいに座りました。そして突然の訪問の意図を聞きました。K君はそれをなかなか切り出そうとしませんでした。

 何か言いたげ、でも言いずらい、そんな様子でした。ま、言いたくないなら別にいいけど、こちらは暇だし、若いK君と二人切りなんて、ちょっとウキウキしちゃうな、安易に考えてました。仕事絡みの会話をしてました。

 その話も一通り終えて、コーヒーのおかわりを出そうとしたときでした。ガシッと私の腕を掴まれ、サッと素早く私の横に来て、あっと言う間もなく後ろのソファーに倒され、キスされたんです。一瞬の出来事に、私はただびっくりするだけ。

 そして執拗に何度もキスをされ、胸もムンズと掴まれました。私をレイプしようとしてるの?まさか若いK君が私なんかを?私なら訴えたりしないと思ってるの? 混乱する頭の中、なすがまま、キスの嵐をされてました。

 抵抗しようとは考えませんでした。はなっから勝ち目などないのはわかってたからです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ