ハイキング中芝生の上でごろ寝してたらエロに発展

 俺が24歳、妻が23歳。妻が4大を卒業して俺が勤める会社に入社して半年ほど経った頃、俺と知り合い交際を始めた。確か3度目のデートの時だった。俺は妻をハイキングに誘った。

 妻はTシャツとジーンズ姿だった。其の日はとても天気がよく、次第に高台に向かう頃、芝生もきれいな場所があった。辺りに人影もなく俺たちはそこへ寝ころがった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 横を向くと妻の大きな胸が柔らかく膨らんでいた。俺は妻を抱いた。最初びっくりしたようだが、拒絶することなく、妻も俺の背中に手を廻して来た。唇が重なった。俺は妻に舌を入れると妻も返して来た。

 そこで妻は経験があるなと直感した。すでに俺のペニスは脈打っていた。そっとボタンを外しファスナーを下ろし、妻の手を俺の下着の中に入れた。妻は黙って俺の勃起したペニスを握った。

 それからは俺は妻の次の行動を待った。しばらくどうしようと考えていたのかやぶさかではないのだけれど、そっと俺のパンツを下げ、少し擦り始めた。俺は仰向けになって妻の行為をやりやすくした。

 妻は顔を俺の腹の上に乗せるような格好で静かに、ゆっくりとしごき始めた。俺は一人ごとのようにつぶやいた。「ああ…すごく気持ちいいよ」と、妻はなにも言わずしばらくしごき続けた。

 次第に射精感が増して来た。タイミング良く、妻は手の動きを止め、俺のペニスの先をパクリと咥えた。そしてすべて飲み込むかのように、完全に咥えてくれた。俺は腰を高くあげた。もう射精寸前だった。

 いっそそのことを妻に言おうかと思った矢先射精してしまった。何度も何度も。妻はそれを残さず飲んでいた。終わった後妻を見た。妻は恥ずかしそうに黙っていた。

 俺は妻の目を見た。そして妻の身体に手をかけ、Tシャツを脱がした。ベージュの小さなブラが現れた。妻の顔を見ると恥ずかしそうに「恥ずかしい…こんなところで…」と言いながら両手で胸を隠した。

 俺は其の手をのかせ、ブラのホックを外した。ぱらりと落ち、両方の乳首が現れた。すぐに触りたかったけど我慢して、俺は妻のジーンズのボタンを外しファスナーを下ろした。

 妻は俺の手に手を重ね、それを阻止しようとした。俺はジーンズに手をかけふとももまで下ろした。ほぼ全裸状態になった。黒い茂みも見えた。俺は急いで全裸になった。

 周囲を見渡すと幸いにも誰の姿もなかった。お互い全裸になった後、俺は妻の身体の上になり、いきりたったものを妻の股間に差し込んだ。妻は自分で両脚をさりげなく開いた。

 俺はその間に身体を入れ、腰を突きだすとすでに妻のそこは準備出来ていたようで、すんなり入った。俺は根元まで挿入した。そこは温かくやわらかであった。俺は妻の顔を見た。一瞬目が合ったが妻はすぐに目を閉じた。

 ピストンを始めた。妻は口を閉じ歯を食いしばっているようだった。先ほど射精したばかりだったが、すぐに射精感が出て来た。俺は妻の耳元で「中に出してもいい?」と聞くとなにも言わなかった。

 ピストンをスピードを上げ、とうとう射精してしまった。終わって俺は半身を起こすと妻もおなじく半身を起した。俺の足元に小さく丸められた妻のパンティーが目についた。俺はそれを手に取るとズボンの中にしまった。

 妻はそこで声を発した。「返して。でないと困るわ」と。俺は「記念にほしいからくれよ」というと。「そんな…それに汚れているから…」俺は服を元通りに来た。妻はブラを付け、Tシャツを着た後、

 しかたなく生肌の上にジーンズを穿いた。陰毛が次第に隠れた。帰り道俺は妻に行った。「今日は俺のマンションに来いよ」妻は黙って頭を縦に振った。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ