すごく美人なバツ一な女性と抜き放題なSEX体験談

 私が大学3年の時、アルバイト先で知り合った女性K代さんは、バツ一女だと聞いていた。すごく美人で、はきはきと自分の意見を述べる人でした。身長も1m60少しあったと思います。

 現場で働く人は、女性もすべてパンツルックでした。K代さんはいつも肌にぴったりの股上の短いジーンズを穿き、腰を屈めたり、お尻を突きだす格好をした時には余計にお尻に食い込んでしまい、より性的興奮を隠すのが大変なほど。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 お尻の割れ目も少し見えた時など、アパートに帰るとすぐに頭に焼きついた光景を思い出しながら自ら手でしごいていました。次第に頻繁に私と話をするようになったある日、

「今度の日曜日私と付き合ってくれない?」と言われ、心の中ではやった~と思いながら、冷静さを装い、「どうするんですか?」と聞くと、「○○○へ一度行って見たいの。ひとりでは道中つまんないし…」とのこと。

 私は「いいですよ」と承諾し、当日は彼女の車でドライブをした。途中、彼女の運転する車の中での会話でわかった事ですが、24歳で結婚し1年3カ月で、夫の浮気が原因で別れ、その後一人暮らし。現在29歳。

 その日の彼女は白いセーター姿。助手席から気がつかれないように盗み見すると、ほんとうに柔らかそうな大きな胸が白いセーターからピンクのバラがまばゆかった。

 目的地に着くと彼女が「手をつなぎましょうか?」と言ってくれた。願ってもないことでした。途中、那覇市をしながらその場所に2時間程おりました。

 彼女は「貴方? 彼女はいるの?」とか「男の人の一人暮らしっていろいろ不自由でしょう?」とか聞いて来た。目的の場所を見た後、車に乗り軽快に車を走らせていた彼女は「貴方?もしかしてお尻フェチなの? 気が付いていたわよ。仕事をしていた時から。今日も私のお尻をなんども見ていたわね?」と。

 私はなんと答えていいかわからず、とっさに「いえ、K代さんはすごく均整のとれた身体をしているんだなあと思って、ついつい見ていました」彼女はにやりと笑い「ありがとう」と言った。

 運転している時、彼女の腰のあたりを見ると、なんとジーンズが下にさがってしまったのか、お尻の割れ目がより見えるようになっていた。私は想像がたくましく、一人しごいている時もK代さんの裸のお尻の割れ目を妄想しながらしてことが何度もあったのだ。

 しばらく走ると左右にたくさんのラブホテルが見えて来た。彼女から少し言葉が消えた。と思うと幹線からわき道に入った。どうやらラブホのひとつ、お城のかたちをしたそれに続く道へ入っているように見えた。

 まさかとは思ったんですが、案の定車ごとそのホテルの中に乗り入れ、車を降りると彼女は私の手を握りドアを開けた。中に入ると大きなベットと怪しいような明かりが灯った。

 彼女は「こんな所初めて?」と聞くので、「もちろん初めてです」と答えた。「もしかして、女性とHしたことないの?」「ハイ」「そうなんだ。じゃあ童貞なんだ?

 いいわよ恥ずかしがらなくても、だれだって初めはあるものだから。いつも一人でしているの?」と、きわどい質問をしてきた。「ええ。まあ」と言うしかなかった。

 彼女は「わかったわ。それじゃあ、シャワーでも浴びましょう? 一緒に浴びましょう」と、そそくさとそちらの方へ行った。彼女はセーターを脱いだ。ピンクのブラが生肌を少しばかり隠していたが、それもあっというまに脱ぎ二つの乳房がおしげもなくぽろりと現れた。

 彼女は私を見て「あら、何しているの? 服を脱いで」と言いながら、ジーンズのファスナーを下ろし足元に落とした。わずかに隠したちいさなパンティが現れた。なんどもちらちら見えていたお尻の半分の割れ目も、目の前に現れた。彼女はすかさずそれも脱いだ。

 股間には意外にも黒々とした陰毛が穿いていたパンティーに押しつぶされていた。私はすでに大きく勃起していたので、ブリーフを脱ぐのをためらっていたら、K代さんは「早くシャワーを浴びましょう」と、浴室のドアを開けて私の大きなお尻の割れ目を見せながら中に入った。

 二人とも中に入ると「あらあら、随分と元気になっているわね。そりゃあそうでしょうね。初めて女性の全裸を目の前にしているんだから」と笑いながら、両手にソープを付けると「洗ってあげましょうか?」と言った。

 そして、私のいきり立ったペニスを握ると、泡を一杯にたてながらやさしく洗ってくれた。私は気持ちよくて射精しそうになり腰を引いた。K代さんは「どうしたの? 射精しそうになったの?」とズバリ聞いて来た。

「ハイ、あまり気持ちよくて…」彼女はソープが付いた股間にシャワーをかけ、きれいにしてくれた。そして、私の前にしゃがみ、ぱくりと勃起したペニスを咥えた。

 今までなんども妄想したことはあったけど、フェラがこれほど気持ちのいいものだとは思わなかった。我慢できなくなり、腰を引こうとすると、彼女はペニスを口から離し「出そうなの?」と聞く。

 肯くと彼女は手で握りしごき始めた。そして射精が始まった。彼女はじっとそれを見ながらしごくスピードを落とした。白濁した精液が床に飛び散った。二人は洗い終えると全裸のままベットに。

 彼女はベットによつんばになり、「今度は私を気持ちよくして。…私が彼女のお尻の前に行くと、後手で私のペニスを握り股間に誘導してくれた。「ここよ。入れて…」腰を突きだすと意外やすんなりと根元まで挿入出来た。その時の気持ち良さは経験したことのある人は十分判っているでしょう。

 初めてのことながら私は必至でピストンを始めた。世の中でこんなに気持ちいいことってあるのかと思いながら腰を動かした。「出そうになったら言って…」と言った。

 私は射精感を感じたことを彼女に伝えると、挿入されていた腰を引きペニスが現れた。彼女の中で濡れたそれはぴかぴか光っていた。K代さんはそれを気にしないのかパクリと咥えた。と同時に射精が始まり今度はそれを飲んでくれた。

 ホテルを出るまでもう一度彼女の中に入れた。帰り道彼女は運転しながら「どうだった? 初めてのセックスは?」と、運転しながらちらりと私の方を見て言った。

「最高です」と答えると、「私も離婚してから2人の男性と交際をしたの。その期間はその人達とエッチしてたからよかったんだけど、その2人の男性と別れてもう1年半位経つの。

 その間、あなたと同じように一人オナニーをするしかなかったの。だから今日のエッチは久しぶりよ」と、笑いながら言った。待ち合わせの場所まで帰って来ると、車を降りる際K代さんは小さな声で「やっぱりチンポは最高ね。また味あわせて」とウインクしながら言ってくれた。

 その夜、私は眠れず、夜中に彼女の携帯に電話を入れた。彼女は「どうしたの? こんな時間に?」と聞くから「眠れなくて…」「もしかして興奮してるの?」と聞かれ、ずばりだったので「はい」と答えると、

「流石若いわね。今日3度も射精したのに。明日仕事が終わったら家に泊りに来てもいいわよ。そしたら朝までしてもいいわよ」私はうれしくなり、布団に仰向けになりブリーフを脱ぎ棄て射精した。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ