管理人のジジィに何故かムラムラして許した体験談

 32歳 専業主婦してます。先日、買い物帰りに管理人に声をかけられ、少し話し込んでしまいました。話しの内容は、改修工事の件で、洗濯物を干せる日の確認とか、通路の工事日に通行する順路を言われました。

 管理人は、どこか傷んでる箇所はありませんか、と聞いてきたので、「玄関の床のタイルが剥がれています」 と報告しました。管理人は「じゃぁ、写真撮るから後でまた来ます」ニコッと会釈して戻っていきました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 私はTシャツに着替えて、グラスに氷をいれ緑茶を飲んでると、ピンポーン!と玄関のチャイムは鳴りました。 管理人でした。「ここのタイルが剥がれています。あと、ここがひび割れてるんです。」

 しゃがみながら管理人に伝えます。管理人は「写真撮りますね」カメラを覗き、シャッターを押して、「もう1枚」でも、シャッターをなかなか押しません… ?! ハッ! 私は覗かれた!

 と思って、膝を横にずらしました。「奥さん、パンツが丸見えだったから、撮ってしまいました!」「やだー、見えちゃった~」「いやらしい格好だったよ」私は、オマンコが熱くなってしまい、このジジイにオマンコを舐めさせたら、

 気持ちいいだろうな~ チンポも欲しいし、このジジイのチンポでもいいか~そう思ってしまい、管理人に言ってしまいました。「オマンコ舐めてぇ~」 管理人は私のパンツを脱がせて、片足を持ち上げて、オマンコに吸い付きます。

 チュウチュウ栗ちゃんを吸われ、「あー きもちいい~」 オマンコに管理人のゴッツイ指が2本入って、グチョグチョに中を掻き回され、イキまくり、ぐったりしたとき、黒くてカリの太いチンポが口の中に…

 私はチンポに吸い付きました。チンポの先からは、臭い汁が垂れていたけど、淫乱モードの私は、その臭いチンポ汁も美味しく飲んでしまいました。 やがてベッドに運ばれ、69で舐め合い、ビンビンになったチンポが生でオマンコに挿入されました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ