【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

潮を吹く中年人妻は感度良好で不倫に溺れています

2020/03/31
人妻・不倫の体験談
 50代で恐らく最後の単身赴任を謳歌すべく、近所のレンタルバイクの会員となり、店主催のツーリングに参加するようになりました。何度も参加してると友達も増えましたが、いつも参加するのは40代後半から50代後半までのおっさんばかりと、

 50歳前後の松田夫婦。たまにかなり妖艶な40代人妻麗子さんが参加することもありました。皆さん、20代にツーリングを楽しんでいた人ばかりです。店のツーリングは日帰り専門でしたが、メンバーの1人から温泉ツーリングの誘いがありました。

【年間収支500万を突破したインジケーター】

 蓋を開けるといつものおっさんたちのうちの3人で、松田夫妻、そして妖艶人妻麗子さんと私の7人になりました。この中でおっさんの1人でサラリーマンの横山さんと松田夫妻とは2度ほど居酒屋に行ったこともあり、すでに友人といえる関係でもありました。

 夫婦は同室を希望するし、麗子さんのために女性1人別部屋をとろうとしても人気宿で1人部屋は取れず、結局麗子さんが構わないというので、部屋は一部屋の雑魚寝になりました。

 男連中は皆、妖艶人妻麗子さんと仲良くなりたくて、寄っていきます。私もその1人でした。川魚がメインの美味しい食事と素晴らしい温泉を楽しんで、2次会は旅話や昔話で大いに盛り上がりました。

 そのうちゴロゴロ寝始める人が出てきたので、テーブルを端に寄せて布団を敷き詰め、眠くなった人が勝手に離脱していったり復活してきたりの状態になりました。私は酒を飲むと眠くはなるけど場所が変わるとしっかり熟睡できないため、翌日のツーリングで睡魔に襲われる恐れがあります。

 そこで、医師から処方された睡眠導入剤を飲んでお先に夢の世界へはいりました。これが良くありませんでした。この睡眠導入剤と酒を一緒に飲むと、訳がわからなくなることがあります。

 私は深夜に目が覚めましたが、自分がどこにいるのかわかっていないし、それを探らなくてはいけないという感覚もなく、幻覚の世界にいるようでした。私は目の前に女性の体が横たわっている事に気付きました。

 誰だかわからないけど、女だと思いました。尻を触ってみても寝たままです。前に手を回してオッパイを触ってみても寝たままです。少し起き上がってみて顔を見たけど、知らない女でした。

 以前、このクスリと酒の組み合わせで寝たときに、隣に寝ている妻が知らない女に見えたことが数回ありました。どうやらそんな風になってしまうようです。知らない女だけど、色気のある女だと思いました。

 知らない女だけど麗子さんだろう、なんてことも考えず、ただ女だと思ってました。また横になると私は女の体をまさぐりました。女は抵抗しません。女は寝間着代わりにスウェットのようなものを着ていたので、私はスウェットのパンツ上から手を突っ込んでオマンコのあたりを触ってみました。

 パンティの上から触ったつもりだったのが、どうやらその下に手が入ってしまったようで、手は陰毛に触れました。しばらく陰毛の上から軽くなでなでしていましたが、横を向いていた女が突然上を向く状態に体を動かしたので、慌てて手をスウェットから抜きました。

 すると女は私の手をつかみ、パンティの中に私の手を誘導したのです。私の手は陰毛をすり抜けてワレメに到達しました。既に濡れていました。私はそのままワレメののぬるぬるに手を突っ込み、クリトリスを弄び、そしてワギナに指を入れました。

 女は口に両手を当てて声を抑え体をくねらせました。私は女のオマンコを見たくてのぞき込もうとしましたが、そのとき女は私の方に体をくるりと回し、「これ以上は駄目」と囁くと、向こうを向いてしまいました。

 翌朝、私はクスリのせいでずいぶん遅くまで寝てしまい、既に食道に集まっているみんなに遅まきながら合流できました。妖艶人妻麗子さんが私の顔を見てニッコリしたとき、「あれは果たして事実だったのか、それとも夢だったのか」と首をかしげました。

 本当にその区別がつきませんでした。しかし、その後の妖艶人妻との会話は特にぎこちない事もなく普通で、昨夜オマンコに指を突っ込んだ男と会話している風でもありません。やっぱりあれは夢だったのだと思いました。

 そのツーリングから2週間が経ったある日、私は彼女から電話を貰い、パン屋の飲食コーナーで待ち合わせました。「いきなりあんなことされちゃって驚いちゃったけど、凄く気持ち良かったです」そう彼女に言われて、「ああ、現実だったんだ」とわかりました。

 さすがに「誰だかわかりませんでした」とも言えず、私は話を合わせるしかありませんでした。「あれ以上されたら声が出ちゃうし、みんなにバレちゃうから止めただけで、嫌じゃなかったのよ」と彼女は言ってくれました。

 僕は一体どうなるのかとドキドキしていました。「部屋に行ってもいい?」思ってもいない展開に頭がなかなかついて行きませんでしたが、無料サービスの珈琲を2杯飲んで、彼女の言わんとするところを整理しました。

「つまり、エッチしてもいいの?」と私は女にストレートに聞きました。「あのまま放置されたら私が困っちゃうから」
彼女はそう答えました。私は彼女を連れて、マンションに戻りました。

 マンションに入ると彼女は、「シャワーはうちで浴びてきたから」と言って服を脱ぎ始め、「しわになるから」と衣服を綺麗にたたんで下着だけになりました。それで私のさび付きそうなチンコはビンビンです。

「生理はもうないから」と、つまり生でいいですという意味の女の言葉を皮切りに、セックスが始まりました。それからたまに女は私の部屋にセックスをしにやってきます。

 料理を作ってくれることもあるし、朝から晩までいてセックスばかりしていたこともあるけど、決して泊まることはありません。今もそれが続いていますが、いまだにオマンコを見ると「恥ずかしい、恥ずかしい」と目を伏せるのがとてもかわいいです。

 その後も日帰りツーリングでそのときのメンバーが顔を合わせることもありますが、あの事件や彼女と私の関係に気付いている人はだれもいません。先日の忘年会では松田夫妻の旦那さんが、私の隣で昔のツーリング自慢話に花を咲かせていましたが、親しくなっている彼ですら、まったく気付いていません。

 私は今、年末年始休みで家族がいる家に戻っていますが、なるべく早く単身赴任の地に戻り、そして彼女の体を楽しみたいです。マンコから潮を吹きながら、「あ~気持ちいい~溶けちゃう~」などと口走る松田夫人とのセックスに私は溺れています。

↓他のHな体験談を見る
FC2ブログランキング




Top Pageへ
ブログ管理人
Author: ブログ管理人
当サイトは18歳未満の閲覧は禁止
◆女性の告白・体験談 (5274)
┣  OLの体験談 (477)
┣  女子校生・女子大生 (349)
┣  素人の体験談 (453)
┣  主婦・人妻の体験談 (711)
┣  未亡人・シングルマザーの体験談 (57)
┣  不倫の体験談 (408)
┣  看護師の体験談 (69)
┣  パート・派遣社員の体験談 (154)
┣  生保レディーの体験談 (27)
┣  女教師の体験談 (39)
┣  社長秘書の体験談 (7)
┣  知り合いとの体験談 (293)
┣  出会い系の体験談 (646)
┣  近親相姦の体験談 (77)
┣  スワップ・乱交の体験談 (207)
┣  風俗系の体験談 (114)
┣  泥酔いでの体験談 (8)
┣  マッサージでの体験談 (308)
┣  セクハラ・痴漢・レイプ (866)
┗  その他体験談 (3)
◆男性の告白・体験談 (6540)
┣  学生の体験談 (341)
┣  会社員の体験談 (979)
┣  会社での体験談 (78)
┣  社会人の体験談 (775)
┣  自営業の体験談 (70)
┣  セールスマンの体験談 (53)
┣  タクシードライバー (24)
┣  看護師との体験談 (123)
┣  人妻・不倫の体験談 (530)
┣  パート・派遣社員との体験談 (152)
┣  お持ち帰りした体験談 (54)
┣  スワップ・乱交の体験談 (477)
┣  近親相姦の体験談 (184)
┣  セクハラ・痴漢・レイプ (318)
┣  知り合いとの体験談 (901)
┣  おじさんの体験談 (240)
┣  出会い系の体験談 (963)
┣  風俗系の体験談 (274)
┗  その他体験談 (4)
■女性を口説くテクニック (8)
■女の子に潮を吹かせるテクニック (4)
■SEXの雑学シリーズ (26)
■Hな事件簿や下ネタ (7)
■官能小説 (36)
未分類 (0)