女はやはり小さいより大きいのが好きなんですね

 ある日、生命保険の外交の女性が来た。35,6才であまり美人じゃなかったけど、スタイルは抜群で、胸の大きく開いたスーツからはブラジャーとこぼれそうな豊満なバストが丸見え。僕のペニスはあっという間に勃起してしまった。

 彼女はちらっとそれを見て、おじゃましてもいいですか? と言った。僕は当然どうぞと言った。彼女が 商品説明に入った。でも僕はそれどころではなかった。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 彼女がうつむくたび、スーツから見えるバストの白い肌とブラジャーにペニスが熱くなって太くなるのがよくわかる。薄手のジャージしか着ていないので、ペニスのかたちまでわかる。ジュースを出すとき席を立った僕の姿を彼女はじっ と見ていた。視線は一点に釘ずけ。

「あなたのスーツの胸、開きすぎですよ。バスト丸見えですよ。おかげでペニスこんなに大きくなってしまったじゃないですか」「でも、あなたの勃起すごいですね。奥さんがうらやましいわ」

 たしかにうちのマンションで仲のいい夫婦、10人ほどで海へ泳ぎに行ったときも、よその奥さんたちの水着姿に興奮した男たちは皆勃起させていたが、僕の大きさだけは皆の倍近かった。それ以来、奥さん達の間では一度sexしたいと有名らしい。

 保険の話にもどると、彼女の説明は終わった。「いかがでしょうか?」と言う彼女に僕は「いいですよ。それで。でもひとつだけ、おねがいがあるんです。ここで上だけ脱いでくれませんか? そしたら、はんこ押しますから」

 しばらく黙っていた彼女が「うえだけでいいんですね」と言いスーツを脱いだ。僕もジャージとブリーフを脱いだ。今度は彼女がスカートとパンテイを脱いだ。「入れて!」僕がぐっしょりぬれている彼女に挿入した。

「太い、太い」
「壁に当たってる~」
「もうイきそう!」
「あ~っつ」と叫んで逝ってしまった。仕方ないので僕は自分でしごいて彼女の顔面に射精した。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ