色々な男を味わえるエロ忘年会の告白

 1週間くらい前、先々週の土曜日に忘年会ありました。職場の忘年会ではなく、個人撮影のグループの忘年会です。毎年の事ながら、グループの忘年会はセックスとか普通に盛り込まれるので、

 参加メンバー(グループと外部からのゲスト)は、月始めに病院で病気とかの検査を受けるのがルール。それとその日から当日までは生のセックス禁止としています。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ただしメンバーの中には露出専門でセックスは無理という人もいて、それはルールから除外されます。前置きが長くなりましたがエロ忘年会が始まりました。

 今回の忘年会は前半は飲み会&隠し芸大会。後半は乱交の構成、先程書いた通り、セックス無理って人は目印に頭にリボン付けてます(男性も)飲むとすぐ寝てしまう私はお酒は遠慮してウーロン茶飲んでいました。

 隠し芸の順番は私はラストから2番目、私の番が来て、私の『芸』ではないけど披露するために私は巨大なスクリーンの前に立ち服を脱ぎ出しました。丸裸になって、「膣内カメラを仕込みました、誰か私のまんこにちんちん入れる人募集」

 言いながらスイッチ入れるとスクリーンに映し出される内部。名乗りをあげたのは前々から私を好き好き言ってるスタッフのA君。待ってましたとばかりにちんちん出して、足を広げて座り込んでる私にのし掛かってきました。

 カメラに何度も迫ってくるちんちんが映し出されます。そしてイって射精もバッチリ映し出されて会場は爆笑にそしてラストの順番だった女の子(外部のゲスト)が、「隠し芸用意してたけど私もこれやりたい!」と言い出したので私はカメラを中から取り出しその女の子に装着してあげました。

 上は脱がすにまんこだけさらけ出してる女の子に挿入したのは今したばかりのA君。何気に絶倫なんだよね、A君の後、ムラムラしてた男性二人がゲストの女の子相手に交代で始めたので、そのまま後半の乱交に突入しました。

 乱交には突入したけど夏ぐらいからメンバー入りした。ホモセックスもいけるスタッフのB君が私を離さないので、結局ちんちんを味わったのはA君とB君のみ。ちょっと残念・・・

↓他のHな体験談を見る




ホームへ