美人のオマンコはやはりイイですね

 エッチではない普通のチャットのオフ会で知り合った美人。その頃僕は40代で、ゆめちゃんと呼ばれるかなりの美人は50歳だと聞いて驚いた。てっきり年下だと思えたからだ。

 その夢ちゃんを飲みに誘ったらあっさりOK。新宿で待ち合わせて飲み屋に行った。ゆめちゃんの問題点は、やたらに人を叩くこと。何かくだらんジョークを言うと「何言ってんのよ」と頭を叩く。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 漫才師が相棒を叩くあんな感じだけど、かなりの衝撃と不快感があった。呑んだあとホテルに誘ったら、これもOK。ところがゆめちゃんはエッチの途中で怒りだした。

「ねえ、私のFカップについて何も言わないの?」どうやらFカップが自慢だったらしいのだけれど、僕はオッパイには全く興味がない。オマンコ一筋で、オッパイなんてなくても構わないから、AだろうがGだろうがどうでも良かった。

 それで怒ったゆめちゃんはバシバシ僕の頭を叩く。叩かれながらゆめちゃんのオマンコをいじくり回し、チンコを突っ込んであんあん言わせて射精したけど、僕は、こんなに人を叩く女とは今後会いたくないと思っていた。

 僕の数少ない、一発しかやらなかった人妻の一人でした。今思い返しても凄い美人だった。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ