歓楽街で生きる女達のエロプレイ事情の話

 10年くらい前の話ですが。当時は歌舞伎町で勤務しており、明け方になると歌舞伎町のそこかしこに蹲って泣いている女性がいました。話をきいてみると担当(指名)ホストとうまくいかずに病んでいると。そんなコが頻繁にいましたね。

 彼女らの悩みのほとんどはお金のことです。指名ホストを応援したいがために、無理して売り上げに貢献し、彼らのランキングを維持することに使うお金が足りない、または売りがけを入金できず、担当ホストから捨てられるかもしれないというものです。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 実際は売り上げになる女性を捨てることはないホストたちですが、ちょっとした不安がバンバン増幅していくのがホス狂いの特徴です。また、歌舞伎町の中にいると家のない女性というのが非常に多くいます。

 そういった女性たちに交渉してみると、風俗店等ではありえない金額で、ありえない内容のプレイを提示してくる女性がいます。実際に自分がそういう女性と経験したかといえば、それはまた別の話ですが。

 中には多少の高額(一ヶ月分ていどの生活費)をもらえるなら、とここでは書けないようなプレイに応じる女性もたくさんいました。

 今は歌舞伎の事情も変わっていると思うのでどうだか解りませんが、そういった世界を覗いてみたい方は明け方の繁華街で、泣いている女性をフォローしてみるのもいい経験になると思います。

 ドス黒い性の世界の深淵に触れることができるかもしれません。結果はどうだか解りませんけど。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ