不倫あいての未亡人と病室で中だしSEX

 とある病院に入院したとき、2人部屋でしたが私一人。入院後数日経過したある日、ドアがノックされた、入って来たのが、ある未亡人で不倫の関係になっていた。

 彼女「きちゃった」と一言、お昼をちょっと過ぎていた、ベッドの横の椅子に座ったのですが「ベッドに上がって」「いいわよ、病人なんだからおとなしくしないとだめよ」「大丈夫だよ、ねえきて」

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 私が彼女が横になれるようにあけた、そのときの彼女はワンピースで、前を開くと白いブラとお揃いのショーッ、ベッドに上がるとブラを上にずらし私の口に乳首を含ませてくれた。

「吸って欲しかったのよ」私の頭を抱き寄せた、その時間は妻はこないし、看護師もこない。当然ショーツも脱がすようにすると「待って、もう病人なのに」ワンピースを脱ぎショーツも脱ぎ去り裸になりベッドに入ってくれた、病院のベッドでスリルがあった。

 正常位で彼女に入れた、オッパイを吸い刺戟をしたせいかすでに濡れて奥までしっかりと入れていた。「激しくはだめよ、声が出ちゃうわ」彼女の中に発散させてもらった。短い時間だが彼女と肌を合わせ、しっかりと中出しで受けてくれた。懐かしい不倫の頃でした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ