初めての円光した体験談を投稿しました

 今、ホテルに一人でいます…5分ほど前に女は去りました…さて、時間を二時間ほど巻き戻します。最近20代の女性とすることがなかったため、若い女性としたくなり、 絡の取れた女性にアプローチ。

 メールでのやり取りはトントン拍子で進み「時間はあるから~、最後までしたいの」というわけで、駅で待ち合わせプロフをみる感じだと、写っているのは腰から上ほどよくくびれ、胸もDくらいありそうと思われる。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そして待ち合わせ、ホテルに入ってお金をお支払い。話もそこそこに脱ぎ始める女「シャワー浴びる?」と聞かれ私も浴室に…

 女は手慣れた感じでボディソープで、自分のアソコをささっと洗いベッドへ、残された私は自分のモノを洗い追いかけるようにベッドへ…途中エッチな話、男女の話をするも女は決まって「それは人によるよね~」

 そしてベッドへ…仰向けになってと言われ、仰せのままに…ゴムをつけられ「口もゴムで…」っというもののすることは、手コキしながら、舌をカリにつけるだけ

 胸を触るにも「痛いから」アソコを触るにも嫌がるので、愛撫されないと濡れないのでは?という問いかけには「私、濡れやすくて、渇きやすいから大丈夫」との謎の答え。

 これでは一生フルで立つことは無理と考え半分ほどたったところで、入れることに正常位で、入れるも女はその形から彫刻の様に動かない 彫刻なので声も発さず。

 仕方ないのでとりあえず腰を動かすがベッドのバネがきしむ音しかならない…ほぼ無理やり近い形で発射…終わると女は無言でシャワーを浴び服を着る、まるで来たときとは逆回しのビデオのように

「別々に出るでいいよね?」ってそのつもりだよねとツッコミは入れるが…無視され、最後に「下手くそ」の言葉を残し女は去っていった。入れるしか許されないのに、上手さがあるのか??

 初めての円光に「こういうものなのか」と、新たな世界を知ったがこのままこの扉は閉まっておこうと思う。今回入れたもの…チンチンとツッコミ失ったもの諭吉二人、今まで少しだけのプライド。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ