固くて太い元上司のペニスを断ち切れない告白

 四十代の主婦です。長男・長女が相次いで大学進学で地元を離れたのを機に、2年ほど前からテレホンアポインターのパートに通っていました。ある事情でそのパートを辞めてから1ヶ月ほど経った頃のことです。

 勤め先の上司だった営業所長から携帯電話にしつこく電話が掛かってきました。つまり・・・復縁をせまる電話です。彼は20代後半の独身者です。夫が何年も単身赴任していることもあり、私の気の緩みから彼と男女の関係になってしまったのです。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 きっかけは、その日、所長から残業をたのまれ一人で視聴者からの電話を受けているときでした。私のデスクのまん前に立った所長がいきなりズボンのジッパーを下げ、いきり立ったペニスを引き出したのです。

『あっ』と息を飲んだものの、お客様とのやり取りを中断することも出来ず・・・電話を切ったあと、私は所長を睨みつけました。

『所長! 一体、どういうつもりですか?そんなモノ・・・』
『どういうつもりって・・・○野さんは旦那さんが単身赴任してるから淋しいだろうなぁと思って・・・』
『余計なお世話です。所長とは関係ない話でしょ?』

『そうかな?少しでも手助けできれば、と思ってさ。それに、目が釘付けになってたよね?』
『そ、それは・・・あんまり大きいから、びっくりして』
『試してみたいんじゃないの、○野さん?』
『・・・・・・』

 一年ほど関係が続きました。残業と称して営業所に居残り、仮眠室でセックスを繰り返したうえ、週に二度、三度とラブホテルに通い、果てはカーセックス、野外露出やSM・・・等々。

 これまで経験したことのない行為を重ねながら、女性として最高の喜びに浸ることができました。ところが、彼があたらしくパートに入ってきた私と同年代の奥さんに目移りしてしまい、私を無視するようになったのです。

 いたたまれなくなった私はパートを辞めてしまいました。でも、彼がその奥さんと別れることになったらしいのです。彼のメールによると、わずか数か月のあいだに二度も妊娠させてしまい、相手の旦那さんに疑われはじめたらしいのです。

 それで私に矛先が戻ってしまったということです。その日は、しつこく何度も私の携帯に電話を掛けてきた挙句、私が電話に出る気がないのを知ると自宅の固定電話にも掛けてきたのです。

 とうとう同居している義母が電話に出てしまいました。認知症の気ある義母は訳がわからず、そのあと玄関チャイムが鳴ったので玄関を開けてしまいました。義母はインターホンで二階の寝室にいた私に知らせました。

『〇子さん、あなたを訪ねて誰か来たよ。前に働いてた〇〇社の人だって。ほら、テレホンなんとかの』私は逆上しながら階下に降り、玄関に向かいました。私は仕事の引継ぎの件で彼が訪ねてきたのだと義母にウソを言い、彼を二階の部屋に案内しました。

 関係は終わったはずだし、もうそのつもりはない、帰ってほしい、と彼にキッパリと告げたのですが・・・彼はいきなりズボンのファスナーを引き下げ、いきり立った男性自身を引き出したのです。

『きゃ~っ』
『付き合ってたころ、ずいぶん気に入ってくれてたよね?』
『そんなこと、もう・・・』

 私は二の句を継げませんでした。図星だったからです。夫のモノとは比べものにならないほど太く長く逞しいソレは私を虜にしていたからです。ところが新人のパートの奥さんにソレを奪われてしまい、

 いたたまれなくなった私はパートを辞めてしまいました。それからというもの、悔しさに苛まれながら、毎晩のように彼のモノを想いながらオナニーに耽っていたのです。でも今、夢にまで見た彼のモノが目の前で隆々とそびえ立ち息づき脈打っているのです。

 女としてのプライドもあり階下に義母も居たため、はじめは目を逸らして迫ってくるソレを払い除けていたのですが・・・その禍々しい逸物が私に与えてくれた極上の快楽が呼び覚まされてしまい・・・

 気が付くと、私は膝をつき彼のペニスに唇を寄せていました。頭の中が真っ白になったまま、彼のモノに舌を絡みつかせ、喉奥深く咥え込みました。そして、一回目の放出を狂ったように飲み下しました。

『だれにも渡したくない、このオチン〇ン。私だけのモノにしたいの』
『ふふっ、奥さんがソノ気ならお望み通りということで・・・』

 間もなく、義母が階段を上がってくる気配がしました。お茶を運んできてくれたようです。ノックがあったと思ったら返事をする間もなくドアが開きました。義母は驚いてお茶をのせたお盆を床に落としました。割れた茶碗が散乱し。

『〇子さん、仕事の引継ぎって・・・まさか、あなた・・・』義母はそう言うなり、ドアをバタンと閉め階段を駆け下りていきました。義母が驚いたのは無理もありません。私たち二人は全裸で後ろから繋がっていたのですから。そして間もなく義母が玄関から出て行く物音が聞こえました。

『年寄りには毒気が強すぎたかな。あのまま外に出て車にはねられて死んでくれないかな』
『ふふっ、本当にそうなってくれたら・・・助かるけど』

 そして私たちは延々と行為を続けました。夕方になり、薄暗くなったころ、階下で物音が。そのまま義母は階段を上ってきて、ノックもせずドアを開けました。

 私は彼の大きなモノを喉奥まで咥えながら義母をにらみ付けました。邪魔をするな、と。『〇子さん、あなた・・・こんなことしてタダで済むと思ってるの? 信じられない!』私は長大な彼のモノを口からズルズル引き出して言いました。

『仕方ないでしょ。あなたの息子が何年も放っておくからこうなったのよ。それに、もともと粗チンで役立たずなんだから。このオチンチン、あんたの息子の倍はあるわよ』『まあ、なんてこと言うの、この淫売女!』

『今日の事は忘れてくれるわよね? そうじゃなかったら、当然離婚ということになるから。そうなったら、あなたの可愛い孫たちは・・・どうなるか、分かるわよね?』『・・・そ、それは・・・困るわ。だったら・・・もう・・・好きにしたらイイでしょ』

 義母のお墨付きを得たことで、その日、彼はわが家に泊まることになりました。数か月ぶりの彼とのセックスで疲れ果て、泥のように眠っていた私は深夜に彼がベッドから抜け出す気配を感じました。

 枕元の時計を見ると午前1時を回ったところです。階下のトイレに向かったのだと思ったのですが・・・私は疲れ果てていて、そのまま眠ってしまいました。朝遅く目が覚めると隣に彼の姿がありません。

 まさか・・・嫌な予感を感じながらウトウトしていると彼が戻ってきました。『内緒にしてくれるって、俺達のこと。そのかわり、月に一度でいいから相手してくれないかって』『あなた、まさか・・・』

『その“まさか”だよ。お近付きの挨拶に行ったら歓迎してくれて。かなりの好き者だね、あの義母さん。朝まで俺を放してくれなかった。死んだ爺さんに相当仕込まれてたみたいだよ』

『信じられない。人は見掛けによらないって言うけど、孫みたいな歳の男と・・・』私は七十代半ばの義母と二十代の彼との行為が信じられませんでした。『で・・・どうだったの?』

 彼の話によると、始めはさすがに義母も拒んだそうです。でも、彼の巨根に目がくらんで身を任せたらしく・・・二人の行為は深夜から朝方まで続いたそうです。

 でも、考えてみれば年の差があったとしても義母も彼も独身なので、恋愛もセックスも自由なんですよね。その日から、毎週末の夕方に彼が家に来るようになりました。まずは私と義母と二人で作った精の付く食事
を三人でとります。

 食事をしながら小一時間ほど談笑したあとが問題です。彼がどちらの手を取るのか?「月に一度でいいから」という彼と義母との申し合わせにも拘わらず、毎週のように彼は義母の手を引いて寝室に消えていきます。

 不思議に思った私は何度目かのときに寝物語で彼にワケを聞いてみました。それによると、義母は毎回3万円を彼に渡しているそうです。信じられないことです。七十代の女がお金を使って若い男と関係するなんて。

 でも、彼らは自由なんですよね。お互い独身なのですから。悔しいけれど、私はオコボレのチンチンにすがって生きているという立場になっています。でも、どうしても彼との関係を断ち切れません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ