性行為の研究している大学の怪しい先生の話

 入ってる個人撮影のグループのツテで、なんかどっかの大学の教授(?)を紹介されました。その教授は人間の性行為の研究してて、男女の性器のデータを集めてるとかで、

 私のまんこの形とか、深さとか感度とか何10項目のデータ持っていったんですが、私に一番合う男の人(性的に)を2000人くらいのデータの中から出してくれました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そして試してみないか・・・と今から相手に連絡取るけど、向こうの了承が得られれば、向こうの容姿などの理由でセックス拒否しないという条件で紹介するって話しでした。

 顔もわからない相手とのセックス許可なんて、なかなかする女が居なくて教授も悩んでいたそうです。私も誰とでもセックス的なのは好みだしというわけで私の方から提案しました。

 寝ている私をいきなり襲い手足を拘束して、好き勝手に私を犯すというシチュエーションなら喜んでやりますと、私の提案にそれでいいならこちらも目一杯協力すると話はまとまりました。

 結構当日(今朝) ベッドで寝ている私、一人の男が忍び寄ってきていきなり右手と右足、左手と左足をそれぞれ手錠でつなぐ超大股で足を開かされてる状態に・・・

 男が手にしているカッターナイフで衣服を裂かれて露になる肌、相手の気持ちが変わらない限り無抵抗で犯され待ちな状況、私を拘束した男が服を脱ぎ目出し帽を取ります。

 そこで初めて相手の顔を見ました。眼鏡をかけて無精髭の私よりちょっと年上ぽい男の人。とんでもなく不細工ってわけではなかったです。

 ま、もっとも顔なんかより私のまんこに合うちんちんにハメられたらどんな感じかしか頭になかったですけど、わずかにもがくしかできない無抵抗な私に容赦なく生で挿入してくる暴漢。

 確かに凄く気持ち良かった。マッチングの日まで禁欲してたのか何回も中出ししてきて、それでも終わりは来て私の体から男は離れました。私のこの状態、まだ終わらせるのは勿体ない気がしてお願いをしました。

 周りにはサポートとか、データ取りとかよくわからないけど11人男の人がいました。このまま犯して欲しいと・・・その内二人は拒否。9人は構わないと言ってくれて、ひとりにつき1回から5回私は犯されました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ