夜のオフィスは欲情事が起きる空間の告白

 私が新入社員だった頃の事。ミスをしないよう、慎重に作業を進めていました。職場には王子(と呼ばれる爽やかイケメン)の江崎君がいて、完っ璧な方だと、…私は勝手に信じ思い込んでいました。

 だれもいないオフィスに、私は一人残って仕事をしていました。すると、しゃがみこんでいるような影が見えました。コーヒーを持ってお疲れ様で~す、といいに行こうと思いドアを開けに行こうと思い開けました…。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 …まさかっ、と思いました。江崎君は会議室でオナっていたのです…!!はああー とか言って、なんだかこっちまで恥ずかしくなったりHな気分になったりで、なにがなんだかで…訳わかんなくて…

 なんて頭で考えているうちに江崎君は私の方をジーッとみていて、ヤバ~~~イ!!って思って、逃げたくなりました。その時、「原田さん…おっぱい大っきいよねェ、可愛いし…俺とエッチしない…?」とぼーっとした顔で言われました。

 でも私はつい、「ハイ…」と言うと…もう、、あんなに気持ちよくなれるなんて。最高!最高!最高!最っ高~~でした!

↓他のHな体験談を見る




ホームへ