変態女の誰にも言えない体験を告白します

 ちょっと遠くまで買物に行った帰り、わざとあの電車に乗りました。満員電車で痴漢さんが多いあの電車…服装は痴漢さんが好きそうな、ミニスカートにTバック、上は前ボタンのシャツ一枚。

 露出が好きな私は、ミニスカートのウエスト部分を一回まくり丈を短くし、シャツのボタンを上から3つ開けて。電車に乗ると、期待通りの混雑度。電車が揺れる度に、周りの汗臭いおじさん達のバッグや腕が身体に当たる。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 この臭い好き…誰か、この変態女に気付いてくれないかな…周りを見渡すと、ひとりの男性が直視している。

いた…痴漢さん。。

 痴漢さんだと確信した私は、一歩ずつ近づく。電車がかなり揺れて、一瞬誰かの爪先で躓きそうになったその時、彼が私の右腕を掴み吊革を掴ませた。私は嬉しくて、頬が紅潮した。何もしなくてもされなくても、彼の視線で身体は熱くなり息が荒くなってくる。

 しばらく眺められてから、彼の指先がスカートの裾から入ってきた…すかさず目をつぶって、寝たフリをする。元々痴漢プレイが好きで、周りに気付かれないように無表情でやり過ごすことに慣れていた。

 この時も、彼の視線と指先が下着の中や乳首を刺激していたけど、表情は変えず電車の床に踏ん張って立っていた。
下着が生温く湿ってくる…

 どうしても痴漢さんの腕が見たいと思い、我慢できずに目を開けると、目の前の座席に同世代の女性が座っていた。この女性、私が痴漢されていることに気付いていると感じ、女性に視られる惨めさがたまらなかった…

 ねえ、見て。私、痴漢されてるのに感じてしまう変態女なの。声に出して、その女性に言いたかった。耐えられずに、次の停車駅で降りようと思った。トイレに行こう…彼が耳元で囁く。

 え!?、、びっくりしたものの、ドキドキ感は増す一方。知らない駅で電車を降り、足速に歩く。彼が付いてくる。たまらない…もう果てそうなくらい興奮していた私。これは、トイレではつまらないと思い、改札口を出て人混みの無さそうな裏路地を探した。

 すぐに良さそうなスポットが見つかった。ビルに挟まれた裏路地。立ち止まり振り返ると、腰を掴まれ片手で口を覆われる。付いてきてくれてた…彼の高まる鼓動が聞こえる。興奮し過ぎて、身体が震える。

 スカートをたくし上げられ、下着を脱がされる。私は、彼のズボンのファスナーを下ろし、硬くなった男性のモノを自分のおしりに押し付ける。ありがとう…彼が囁き、私の中に入ってくる。

 貪るような腰使い。10分もしない内に、私も彼も絶頂を迎えた。ありがとうございました…そう言って、下着を履かせてくれた。私も彼にお礼を伝えた。こんなに興奮したのは、初めてです。

 本当に、ありがとうございました…そして、お互い別方向へ歩き出し、私は振り返ることなく駅へ急いだ。これは今でも夢にまで出てくる、最高の体験でした。今もどこかで、痴漢していますか?

 あれ以来、私は同じ電車に乗っていません。痴漢さん、人生で一度きりの体験ができたことに感謝しております。拙い文章でしたが、最後まで読んだくださりありがとうございました。普段は、ナンパにも付いて行かないつまらない女ですが、どこかでスイッチが入ると変態女になります。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ