職場の仕事納めの飲み会で何か飲まされた??

 私は入社一年目の18歳です。地元で有名な大手企業に勤めています。高卒の私は電話対応や雑用などの仕事が多いですが、職場の先輩も上司も優しくしてくれて楽しく働いていました。

 忘年会であんなことがあるまでは。仕事納めの日、職場の忘年会に誘われました。私の働いている部署は20人くらいの小さな部署ですが忘年会にはほぼ全員参加していました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 女性は5人だけです。私はいつも優しくしてくれる先輩と隅の方に座りました。始まって皆さんお酒が入って盛り上がってきた頃、先輩にすすめられて私もカクテルを何杯か飲みました。でも泥酔する程ではありません。

 二次会に行く前に先輩から二日酔いにならない薬をもらって飲みました。それから二次会の記憶やその後のことがあやふやです。私がはっきり覚えていることは薬を飲んでから体が熱くなり体中が敏感になり、ちょっと肩に触れられただけでビクッとするくらいでした。

 トイレに行ったとき下着に糸が引くくらい濡れていました。お酒のせいかな、くらいにしか思っていませんでした。
二次会の居酒屋でもカクテルを飲んだと思いますが記憶があやふやです。

 歩くのもふらふらの私を先輩がどうやってホテルまで連れてきたかわかりません。ベッドに寝かされた私は真っ裸でした。隣に寝る先輩も裸でした。床に散らばった私の下着と服。

 考えようとしても思考が停止したみたいに、頭の中にモヤがかかったみたいでふわふわしていました。先輩が私の体に触れると全身に鳥肌が立つようにゾクゾクとしました。「まだ薬が効いているみたいだね」

 先輩はそう言うと、力の入らない私に抱き付くとキスをし舌を入れてきました。抵抗することすらも考えられなかったと思います。先輩にされるまま敏感になっている体中を舐められ、私は自分のヨダレを拭くこともできずずっとふわふわと浮いて夢の中にいるみたいでした。

 ただ体は異常なくらい感じていて乳首は痛いくらい立っていてアソコは内ももまで垂れてくるくらい濡れていました。「やだ、止めて」と言えたかどうかもわからない声で言った記憶はあります。

 でも「欲しい、入れてください!」と言って先輩のおちんちんを咥えてフェラした記憶もあります。「意外と上手だな」とか言われて。先輩が入ってきて狂ったように感じて。

 それから記憶がなくて、次に覚えているのは目が覚めたときに枕元にコンドームの袋が二個あって少しホッとしたけどアソコを触って指に付いた白い物体に呆然としました。匂いが男の人の精子でした。

 先輩はニヤニヤしながら私のおっぱいを触ってきました。「この大きなおっぱいを食べたくて高い薬を買ったんだよ」と自慢気に言ってきました。「何の薬を飲ませたの?」と私が怒って聞いても笑いながら「溜まってた?」と言いアソコに指を入れてきました。

「何度もゆうなが求めてきたんだよ」そんなこと、と思って抵抗しようとしても力が入りません。それどころか体が反応してしまい「もっとして」と思ってしまいました。「さっき残りの一つも飲ませたから効いてきた?」と言われました。

「本当はお酒と一緒に飲むと効果が高いけど」とも言いました。頭では嫌だと思っていても体が感じてしまい、先輩に焦らされると自分から「おちんちん舐めさせてください」と言わされていました。

 コンドームも無くなっていたのでそのまま入れられ中に出されました。いえ、自分から求めたのかもしれません。「デキたら責任とるから」と言う先輩の言葉を信じてしまい。時間がきたのでホテルを出てタクシーで先輩の家に行きました。

 まだ体は敏感のままで、下着に触れた乳首やクリトリスが痛いくらいでした。下着もびっしょり濡れていました。お腹に先輩の精子が入っていると思うと、頭もふわふわとしていてすっごくエッチな気分でした。

 先輩の家に着くと私は自分から先輩に抱き付き求めてしまいました。先輩をベッドに押し倒してフェラしたと思います。先輩の上に乗り狂ったようにエッチして中に出されました。

 帰りの電車の中で彼氏とラインで別れました。先輩の年収は中小企業に勤める彼氏の倍以上です。後悔はありません。今日は友達と約束があると言っていたので明日から先輩の家に泊まります。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ