パチンコ代の為に男にヤラせる派遣社員のHな告白

 今日も仕事がないので朝からパチンコに。私は24歳の派遣社員です。お昼すぎには手持ちが無くなりソファーで呆然としていました。私の前を通る男性の視線を感じながら。今日はTシャツにデニムのミニスカートで足を組むとパンツが見えそう。

 Tシャツも胸元が開いたぴったりしたタイプだったので、上から覗き込むように見られたら見えてたかも。盛大に負けたストレスの発散のつもりでしたけど、余計悶々としてしまいました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 携帯で見ていたのは出会い系サイト。近くですぐに会える人を探しました。雨も降り出してなかなかみつかりません。『細身のDカップ生エッチ中出しOK』と書き込んだら何通かメールが来ました。

 冷やかしばかりで会えたのは54歳の男性。髪も薄く小太りの男性とこれからホテルへ行ってエッチする。この男性のチンポを入れられて中に出される。そう考えただけで気持ち悪くなりそう。でもお金の為。

 嬉しそうに私の体を舐めアソコに指を入れる男性。気持ちとは別に体は反応してしまいびちゃびちゃとスケベな音がしました。キスはちょっと断ったけどチンポはしゃぶりました。

 イヤだと思っても舐めてしゃぶると興奮してしまい、さらにアソコが濡れてきてました。ベッドに寝かされ男性が挿入して私は体の中心で男性の熱を感じてました。声をがまんしていたのに漏れるくらい感じて、男性の動きに体を預ける私をおもちゃのように荒々しく扱う男性。

 それでも興奮してしまう淫らな私。男性の動きが早くなりやがて私の中でチンポが脈打って男性がいったと思いました。慌ただしくシャワーを浴びに行く男性を見ながらアソコを触ると指に男性の精子が。

「たくさん出された」少し絶望感みたいな気持ちになるけど、不思議と体は満たされていて満足している。シャワーを浴びて男性と別れたその足でパチンコに行ってしまうダメな私。

 わかっているけど、今もまた出会い系に募集の書き込みをしてしまいました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ