お姉さんがセックスしたサインはAVの喘ぎ声

 先月、僕のアパートの隣に女性が引っ越してきました。見た感じ20代前半で、学生だと思います。たまに廊下ですれ違うと挨拶をしてくれます。見た目はやや童顔でかわいらしく、

 Dカップくらいの程よく大きい胸を持ち、ウエストも締まっていてキレイなスタイルをしています。男ウケしそうですが、男とは仲良くしないタイプって感じです。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 彼女が入居して少したったころ、夜中0時くらいに僕が寝ようとしていると、隣から音が聞こえてきました。ほんとにうっすらなのですが、「んっ…」とか「あぁ…」みたいな声が聞こえてきます。「もしや?」と思い、僕はベランダにでました。

 アパートのベランダは隣とつながっていて、パーテーションが立っています。非常時にパーテーションを割って隣に逃げ込むためのものですが、ウチとお隣のベランダのパーテーションは、以前台風が来た時にブチ割れてしまい、フツーに行き来できる状態になっています。

 隣のベランダに行き、カーテンの隙間から中を覗くと、彼女はベッドの上でオナニーしていました。「こんなおとなしそうでカワイイ子でもオナニーするんだ」と思い、とても興奮しました。(もちろんひとりでヌキました)

 後日、僕はAVを見ながらオナニーしていました。隣にAVの音は漏れているんだろうなぁと思いつつ、夢中で行為に及んでいましたが、徐々に隣の彼女に気がいき、AVを消して部屋を静かにしました。

 するとなんと、また彼女の「うあぁ…」といういやらしい声が!AVの音に反応したのかはわかりませんが、ベランダに飛び出し、彼女のオナニー姿を確認したあと、窓を叩きました。

 こっちを向いて慌てて身体を隠す彼女は、ゆっくりと窓を開けます。「一緒にどうですか?」と聞くと、しばらく戸惑ったあとにゆっくり頷きます。僕はその場で彼女を強く抱きしめ、ベッドに押し倒しました。

「私、あんまり経験ないので…やさしくして欲しいです」と言うので、じっくりねっとりと首や耳、乳首、背中を攻めてあげると、壁越しに聞いていた「はあぁ…」という声を漏らします。

 それ以降、彼女は「喘ぎ声」僕は「AVの音声」というサインを使い、そのサインが聞こえた日=ヤリたいという暗黙のルールができました。サインが聞こえたら、毎日ベランダを通ってSEXしに行ってあげています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ