どこでも抜いてくれるセフレに感謝した体験談

 先月の話です。早朝酷い腹痛に襲われ、救急車を呼び病院に担ぎ込まれそのまま入院しました。3日程点滴を打って安静にしていたらだいぶお腹の痛みも引き、精神的にも落ち着いたら急に暇だなーと思うようになりました。

 そこで以前某SNSで知り合った同年代のちょいぽちゃ熟女にラインで連絡しました。腹痛で入院したとかそんな話をしてたらお見舞いに行きたいということで、病院と病室を教えました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 次の日の午後にお見舞いに来てくれました。その子とは以前一度関係を持っていたので来てすぐは他愛のない話をしていましたが、ふと会話が途切れた時に抱き寄せキスしました。

 向こうは少し照れながら受け入れました。四人部屋でカーテンを締め切っているとはいえ、周りからは他の患者さんや看護師さんの生活音が聞こえています。徐々に舌を入れ貪るようにベロチューしまくりました。

 グチュグチュ音を立てていたので誰かに聞かれないかと思うと興奮度が増します。一旦体を離し、お互い息を整えました。顔を見合ってプッと吹き出しました。

 ニコニコしながら「こんなとこでこんなことしていいのかな~?見つかっちゃうよ?(´∀`)」これは行けると思った僕はその子の手を自分の股間持っていくとゆっくり摩りだしました。

 ジャージの上からですが溜まっていたのもあって既にビンビンです。誰かが来たらやばいと思っていたので一応布団をかけて触らせていました。するといきなりカーテンがあいて担当の先生が入って来ました。

 たぶんバレてはいないはず・・・ひとしきり次の検査の説明を話して先生が出て行ったので、またカーテンをしめて触らせました。今度はジャージとパンツも下げて直に触らせました。

 竿をゆーっくりなぞるようにしたかと思ったら亀頭を手のひらでぐりぐりしたり、玉を優しく揉んだり、たまらず声がでてしまうところでした。彼女の頭に手をやりこちらに引き寄せると、そのまま自然にチンコを口に含みました。

 すっげー気持ちいい・・・唾をたくさん口に含みくちゅくちゅ音を立てながら頭を上下させています。あまりの気持ちよさとシチュエーションからかすぐイキそうになってしまいました。そのまま口に出していいか聞くとさらにスピードを上げてきます。オッケーと理解し彼女の頭を手で押さえ固定しピストンしまくりました。

 玉の後ろがキューっと締め付けるような感じがした後、ビクッと体を震わせながら彼女の口の中に大量に発射しました。一瞬ボーっとしてしまいましたがハッと気づき彼女にティッシュを渡すと、既に飲んでしまっていました。

 つまらない入院生活に忘れられない思い出ができました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ