女王様の愛の鞭と言うかエロの鞭で成長させた告白

 私は28歳S痴女。私にはちょっと変わった性癖があって、男臭い日本男児がとにかく大好きなの。例えば、お神輿を担ぐお祭り男、鳶職や大工のヤンチャな男の子、人力車の車夫、応援団で声を張り上げる男子学生くんとかね。

 威勢の良い若い日本男児にムラムラしちゃう。そんな性癖を満足させるために、セフレとのエッチの時には、ちょっとマニアックなプレイをして楽しんでいるの。今一番のお気に入りは、大工見習いの康平くん19歳。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 元高校球児で、今でも現役の頃と変わらない坊主頭よ。少年野球時代からずっと坊主頭だから、もう伸ばす気になれないらしいわ。彼は生まれも育ちも浅草で、粋でいなせな江戸っ子。毎年、三社祭では威勢良くお神輿を担いでるの。

 康平くんとのプレイの時は、彼も私も決まった格好に着替える。まず康平くんは、上半身裸の上に紺色の祭のはっぴを羽織り、下は白い六尺褌を締めるの。足には日本男児らしく雪駄をはき、男らしい坊主頭には白いねじり鉢巻きを締める。

 これで私好みの男臭い日本男児の完成よ。ちなみにこのはっぴも康平くんの私物で、実際に三社祭でお神輿を担ぐ時に着ているものなの。康平くんは根っからのお祭り男で、このはっぴを羽織る度に「いやぁ、やっぱ気合い入るッスね!オッシャー!」とか言ってテンション上がってるわ。

 こういうイキの良い体育会系なところがたまらなくムラムラするわ!対して私は、ゴージャスな女王様に変身。裸の上から丈の長いシルバーフォックスの毛皮コートを羽織り、あらわになった胸元にはジャラジャラと金のジュエリーを付けて。

 脚には黒い網タイツ、真っ赤なハイヒールをはく。そして手には黒い羽の付いた扇子、黒いバラ鞭を持って準備完了。そうするといよいよプレイの始まりよ。どんなプレイかというと、康平くんが私をムラムラさせるために腰振りパフォーマンスを見せるというもの。

 康平くんが大きく股を開いて腰を落として立ち、私も傍に立つ。扇子で扇ぎながら「ほぉら、今日もムラムラさせてちょうだいね...」なんて言うと、「押忍!」と元気に応える康平くん。

 康平くんはもともと男らしくて威勢の良い、体育会系な喋り方だったんだけど、私とのプレイでは更に粋でいなせな言動をするよう徹底しているの。返事は「押忍!」か「へい!」で応えること、「~ください」じゃなくて「~くだせぇ!」にすること、とか。

 江戸っ子のような威勢の良い喋り方にムラムラしちゃう私は、こういう言葉遣いを最初に彼に叩き込んだの。だから、このプレイ(パフォーマンス)の名前は、【江戸っ子ワッセイ】。江戸っ子の口調で、ワッセイワッセイと掛け声をあげながら腰を振るのよ。

「さぁ、江戸っ子ワッセイを始めなさい!」私が言い放つと、康平くんは、私好みの男臭い掛け声をあげながら、威勢良く腰を振るの。「オッシャー!麗子さん、いきやす!今日も自分の江戸っ子ワッセイでムラムラしてくだせぇ!ワッセイ、ワッセイ、ワッセイ、ワッセイ!」

「ほぉら、男臭い江戸っ子ワッセイ球児におなり!(バシッ)」私は康平くんの背中に鞭を打ち始めるの。「あぁっ!ワッセイセイ、ワッセイセイ、ワッセイセイー!」更に腰振りを激しくする康平くん。

「まだ足りないわよ・・(ビシッ!)元高校球児の大工の男臭さと威勢の良さは、そんなもんじゃないわよね?!(バシッ!)」「へい!野球で鍛えた根性は、麗子さんに最高の江戸っ子ワッセイを見せるためッス!ワッセイセイ!」

「そうよねぇ・・ワッセイ球児として私の性欲を満たしなさい!(ビシッ!)この鞭に耐えて、もっと私がムラムラする江戸っ子ワッセイ球児におなり!」
「押忍!麗子さん、次の掛け声いかせて頂いて良いスか?」
「いいわよ・・ワッセイの次は何を聞かせてくれるのかしら?」
「麗子さんのお好きな掛け声...ワッソイヤでいかせていただきやす!」

「あぁ~ん、いいわ!待望のワッソイヤよ!粋でいなせにおやりなさい!(ビシッ!)」
「へい!そりゃワッソイヤ、ワッソイヤ!ドッコイドッコイワッソイヤー!」
「江戸っ子ワッセイも江戸っ子ワッソイヤもどっちもいいわ~!ほぉら、腰もしっかりお振り!(ビシッ、バシッ!)江戸っ子ワッセイ球児は何が好きなのー?」

「へい、麗子さんの妖艶な毛皮姿と、鞭打ちがべらぼうに好きッス!」
「私はこの毛皮と鞭で、ただ単に自分の性欲を満たしてるわけじゃないのよ。(ビシッ!)失われつつある古き良き日本文化と、日本男児の男臭さを若い男の子に叩き込んでるの!(ビシッ!)そのためには、このシルバーフォックスの毛皮と鞭がないと...江戸っ子ワッセイ球児は奮い立たないでしょ?(ビシッ、ビシッ、バシィッ!)」

「押忍!自分はまだ青二才の若造ッスから、鞭の痛みに耐えて初めて一人前の日本男児になれるッス!」
「よく言ったわ!それでこそ江戸っ子ワッセイ球児よ...ほら、その法被に若睦って書いてあるわね?だいぶ板に付いてきたから、康平くんの称号を、江戸っ子ワッセイ球児から若睦ワッセイ男児にレベルアップさせてあげる...」

「ほんとッスか?!嬉しいッス!」
「若睦ワッセイ男児として、もっと私をムラムラさせなさい!若睦ワッセイ男児の名に恥じないように、もっと精進するのよ。(ビシッ!)」
こうして、康平くんは私のムチを受けて、少しずつ一人前の立派な日本男児に変貌を遂げていくの。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ