僕のアレに事務員さんがマタガッテ腰を振っていた体験談

 高卒で入社した会社の慰安旅行の時の話。先輩達に宴会で酒を強要されてビール・日本酒を飲まされて落ちました。声は聞こえるのですが目も開けられず身体も動きませんでした。

 最初自分の部屋に運ばれ様として居ましたが、同室の先輩達がまだ飲みたいと後で、迎えに来ると女性陣の部屋に運ばれました。その後意識が無くなり股間への刺激で、意識が戻ると愚息をフェラされて居て少しすると、生暖かい物に包み込まれました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 薄目を開けると事務のSさんが上で腰を上下させてました「旦那より大きい」と夢中で腰を振っていて、その気持ち良さに直ぐに射精して仕舞いましたが、其れでも暫く腰を振って居ました。

 Sさんが抜くと俺の腹の上にボタボタと精液が垂れて来ました、他の2人が「生中だしだけど」大丈夫と言うと「帰ったら旦那とするから」と言ってました。11時頃先輩達が迎えに来ましたが「熟睡してるから宜しく」と
置いて行かれました。

 其れから午前2時位までHさんとYさんともゴム有でしました、皆「旦那より激しくて射精の時のビクビク」が気持ち良いと言ってました。朝食の時に先輩達に「良かったか」からかわれました、1年位Sさんに時々精気を吸い取られてましたが、旦那にばれて俺が退社しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ