チャンスがあれば気持ちが高揚するHをしたい告白

 出会い系サイトで会った女性の話です。まだフリーだった頃、その時はかなり出会い系にはまっており、何度かのメールのやり取り→TELエッチ→実際に会ってまったり、ということを繰り返していました。

 意外と援じゃない女性も結構いて、自宅やホテルで何度か楽しんだ方もいらっしゃいました。今回の女性は羞恥プレイが好きなM子さんで、TELエッチの段階でも恥ずかしいことをさせながら濡れた音を電話で聞いたり、卑猥な言葉を言わせたりして楽しんでいました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 彼女が電話口で何回かイッた後、お互い火照った身体を持て余していたので、その後すぐに会うことになりました。実際に会ってみると、全体的に清楚っぽい小柄な20代半ばくらいの女性で、とてもそんな羞恥プレイが好きそうには見えませんでした。

 でも人は見た目では分からないものですね、今回はネットカフェに行きたいということなので要望通りに。個室ではなく、あえてペアシートに入りました。個室ではないので足元は見えている、顔は見えないが人がいるのは分かる程度に上も空いています。

 キスをしながら服の上からお互い触り合い、雰囲気を高めていきます。彼女の顔が少し紅潮してきた頃、徐々に素肌に触れていきます。彼女のスカートの裾から手を入れ、下着の上から優しく触ると、もううっすらと濡れているのが分かります。

 脇から指を入れクリを刺激する頃には、彼女の手もチャックを下ろし、生で触れてきています。そこでお互いの性器を弄り、そして彼女にはフェラしてもらいながら、左手袖口から胸を揉み、右手で指入れをしてお互い声の出せない状況を楽しみました。

 声を我慢している顔がまたいじらしく、指も1本から2本、3本へと増やしていきながら、何度も膣がキュッと締り、イッていたようです。

 それでも指を動かし続けていましたら、もうさすがに声が出そうになったので、そこで止めましたが、スカートやシートまでぐしょ濡れで見つからないように早々に退散しました。

 多分、隣の席の人にはバレてたような気もしますが…。さすがにローターとかは音でバレてしまうので、そこまではできなかったのが残念です。その子とはそれきりになってしまいましたが、興奮したプレイでした。

 機会があれば、もっとドキドキするようなこともしてみたいと思います。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ