大学生には2カ月できないエロは苦しいです

 僕は22歳の大学生で彼女は28歳の人妻、昨日、彼女とデートした。ラブホデートは2ヶ月ぶり、もう前の日から興奮だった。抱きたくて抱きたくてたまらなかったから。

 お昼から夕方に別れるまで、3回セックスした。全部彼女の中に出した。1回目は、お互い夢中で相手のカラダを舐めあい、しゃぶりあい、どろどろになって挿入。僕はすぐにイキそうになっちゃって。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「すぐもう1回してもらうから、我慢しないで出していいよ。そのかわり次は長く愛してね? 精液は全部中に出して私に頂戴」うわ…そんなこと言われたら、即、射精(苦笑)。

 逝ったはずなのに、なかなか小さくならない。挿入したまま余韻を楽しむ。彼女がじれたように腰を動かし始める。ああ…気持ちがいい。吸い付くような彼女の膣壁。そのまま2回戦突入。

「後ろから、犯したい」四つんばいにポーズを変えてもらって、後ろからハメる。「あぁあぁぁぁ…ん~~」彼女の声が一段と大きく喘ぐ。さっき出した僕の精液と、突くたびにドクドクあふれる彼女のマン汁が、グチョグチョと凄い音をたててる。

 抱けなかった間に妄想していた彼女のカラダを、責めるように突きまくる。パンパンパンパン…ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ…。「んぁああぁぁああぁ…」セックスしている時のいやらしい音と声が、部屋中に響く。

 彼女のカラダがビクッビクッとする。膣壁がギューッと締まって、ピクピクピクっと…。「~~っっ!!」 声にならない彼女の喘ぎ。痙攣している彼女の中に、再び僕は射精した。うつぶせのまま、彼女はぐったりと動かない。

「大丈夫…?」「うん、気持ちよかった…」いつもはだいたい2回までなので、これで終わりかなってその時は思ってたのに…お風呂に入ったり食事をしながらおしゃべりして、二人でまたベッドに横になっていたら…またムラムラしてきちゃった。

「え!? もう元気!?今日どうしたの(苦笑)私、カラダもたないよ」
「うん、大丈夫」
「ホント? じゃあ、口でしてあげようか?」
ひざまづいた彼女の口が、僕のペニスに吸い付く。フェラが上手な彼女。吸い付き、舐めまわし、しごき、タマいじり…。口にサオを含みながらの舌使いが、、たまらなく気持ちがいい。

「んぐっ」「ぴちゃぴちゃ」美味しそうに僕のチンポをしゃぶる彼女を見下ろしながら、たまらない気持ちに…「あっ!?」彼女を押し倒すと、脚を広げて挿入した。無理やり。「やだ!! 濡れてないから痛いよ、ゆきくん!!」

「だって、我慢できなくなっちゃったんだもん、もう1回させて」「あ…ん、もう…」挿入さえしてしまえばこっちのもの(笑)彼女のマンコは入れるとすぐ濡れてくれるから。

「ほら、もうこんなになってきたじゃん」彼女の中からあふれてくる温かいものを感じながら、3回戦に突入しちゃった。彼女の脚を肩に乗せ、太ももを抱えて腰を動かす。深い挿入に反応する彼女のマンコ。

 再びヒクヒク始める。長い長い合体時間。そして、3度目の射精を彼女のマンコの中にした。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ