恥ずかしいですが6年ぶりの夫婦の営みの体験談

 28才主婦です。主人は32才、恋愛結婚でした。結婚したのは6年前。北海道で式を挙げ、暫くしてから新婚旅行に行く予定だったのですが、東北の震災があり、主人は急遽支援のために東北に行ってしまいました。

 最初は電話も繋がりにくく、余震が発生するたびに主人の安否を気遣ったものです。漸く連絡が取れたのは3週間後。声を聞けて嬉しくて嬉しくて朝まで泣いてました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 主人も現地ではなかなか休みも取れず、取れたとしても月に2日か3日ほど。夫婦でありながら6年の間逢うことさえできませんでした。5月の連休明け「やっと帰れるよ」と連絡があり、その日を心待ちにしてました。

 そしてその日がやって来ました。少しでも早く逢いたくて、駅まで迎えに出ました。電車が着きました。何十人か降りて来た人の中から「李奈!」主人の声。6年前はちょっとふっくらしていた主人は痩せ細ってましたが、顔色はよさそう。

 主人に駆け寄り、人目も気にせず抱きつきました。ちょっと喫茶店でお茶してから家へ・・お風呂を沸かして夕食の準備。主人はソファで寝っころがってテレビ見てます。主人の大好きなメニューが食卓に並びました。

 ガツガツ食べる主人・・そぅだよね。今まで外食とかコンビニ弁当ばっかだったもんね。でも、今日からは私の手づくりだよ。たのしいたのしい夕食でした。

「疲れたでしょ?。お風呂入って早めに寝たら?。背中流してあげようか?」
「そーだね。ってか、一緒に入ろうか?」片付けを済ませ、一緒に入りました。
「結婚式の日の夜以来だね。」2人で湯槽に浸かりながらお話しました。

 そして夜。今までずっと1人きりだったベッド。今夜からは2人です。ダブルのベッドなのにやけに狭く感じました。疲れてるのに悪いな・・と思いながらも、私から求めました。6年ぶりのセックス。結婚したときは私も仕事してたし、お互い忙しかったので避妊したけど、今夜は避妊しません。

 子供欲しかったし。足の先まで愛撫してくれて、私もお返しとばかりに愛撫して。主人のアレがみるみる大きく固くなって。主人のがゆっくりゆっくり入って来ます。恥ずかしい話だけど、主人が初めての人でした。

 だから今夜が2度め。ちょっと痛かったけど、何とか受け入れることが出来ました。もうそれからは(恥) 始めのうちは主人が上。次は私が上に。主人がバテちゃうといけないから、結構頑張りました。

 たぶん、たぶんだけど、いっぱい声を挙げたと思います。1時間近く繋がってたと思います。お互いの息が凄く荒くなって主人は中に出してくれました。それが凄い量(笑)

「これだけ出しておけば当たるだろ」「赤ちゃん、出来るといいな」その夜は主人の腕の中で眠りました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ