エッチとマッサージが同時進行するイケメン先生の告白

 部活(バスケ)で太ももを痛めてから、週に3回、近くのマッサージに通っています。先生は30歳過ぎ、優しくて、かっこよくて、イケメンで、当たり前だけど、マッサージが上手だから大好き。

 勇気を出して聞いてみたら、独身だそうです。こんな素敵な先生に太ももや足の付け根を揉まれると、本当に気持ちがよくなり、あそこがムズムズして濡れてしまいます。でも、ショートパンツ履いてるから、先生にはわからないと思ってました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 春休みに彼氏と別れてからエッチもしてないし、この先生とだったらきっとエッチも気持ちいいだろうなと思ってましたが、先生は私がそんなエッチな想像をしてるなんて、夢にも思ってないだろうなって…。

 先週水曜日のマッサージが終わった時、先生は「金曜日は休診になってるけど、萌ちゃんは特別にしてあげるから、早い時間においで」と言ってくれました。私は何となく嬉しくなり、少しエッチな期待もしながら、金曜の午後3時ごろに行きました。この日は初めてミニスカートで行きました。

 最初はいつもと同じようなマッサージでも、エッチな想像や先生を挑発してること、生理前でもあったためか、いつもより何倍も気持ち良く、あそこもいつもより何倍も濡れているのを感じました。

 たぶんそんなパンツが丸見えになってるはずなのに、先生は平気そうな顔で、マッサージがもうすぐ終わりそうなので、エッチな期待をしていたことが恥ずかしくなりかけたきました。

 でもその時「萌ちゃん、今日はもっと気持ちのいいマッサージをしてあげるけど、いいかい?」と聞いてきたので、私は嬉しくなり「うん、お願いします」と答えた瞬間、先生の手がいきなりスカートの中に入ってきて、パンツの上からあそこを優しく擦り始めました。

 心臓がドキドキして、気を失ってしまうほど気持ちよく、「アッ~」と思わず大きな叫んでしまいました。慌てて自分で口を押えると、先生は「この部屋は防音になってるから、我慢せずに声を出してもいいよ」と言い、

 私のTシャツとを脱がせて、ブラを外し、胸を揉みながら、先生の舌でのマッサージが胸、お腹へと下りてきて、スカートとパンツを脱がせて全裸になった私の割れ目を開いて、舌が中へ入ってきた時は「ア~~アッ」と声の限りに叫びまくっていました。

 そしていよいよ…。先生の長いあれが私のあそこへ入ってきた時、彼とエッチした時の何百倍もの気持ちよさで、頭の線が切れてしまうほど叫び続けました。先生はたぶん1時間以上も腰を動かして私を突き続け、気持ちよすぎて「もう死んじゃう~」と思った時、私の中にすごい量の液がほとばしりったのを感じました。

 先生のマッサージとエッチは本当に最高に気持ちよく、絶対に先生と離れたくありません。いつかは先生の赤ちゃんを妊娠して、先生と結婚したいです。毎日こんな気持ちいいマッサージとエッチをしてもらえたら、それは最高に幸せな時間だし、私、他に何もいりません。

 明日は先生がドライブに連れて行ってくれます。部屋にプールが付いているラブホに連れて行ってくれるらしいです。親には「図書館で勉強する」と言って、先生と一緒に泳いだり、世界一気持ちのいいマッサージやエッチをしてもらいます。楽しみ♪

↓他のHな体験談を見る




ホームへ