露出マニアの妻は人前でも平気な告白

 37才の妻の日常ですが家では全裸かH下着のみですごし、外出の時はフレアーのマイクロミニと胸元が開きやすい服か前ボタンのブラウス等で必ず行きます。

 ブラウスの時は必ず3つはボタンを外し、胸元は完全に露わにし、1サイズ小さめの盛りブラを着け乳首をカップからワザと出し、胸チラを常にしています。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 妻の露出のきっかけは、以前妻と2人で旅行に行ったとき、妻が女湯の露天風呂に入っていると、旅館の仲居さんが入ってきて、「23:00で終わりですから」

 妻は「今何時ですか?」と聞くと「15分前くらいですよ、時間になると掃除の男性が入ってきますので早めにあがってくださいね」と言い仲居さんは出て行ったそうです。

 妻は慌てて体等を洗い湯船につかりほっこりしていると、掃除の男性が入って来たそうです。男性は「早く上がってくださいよ」と一言掃除を始めてしまったそうです。妻は上がろうにも男性が居るので上がれず、上せる直前で我慢できずに湯船から出たそうです。

 男性は当然妻の全裸を遠慮なく見ていたそうで、妻は最初は恥ずかしいのでタオルを広げ手で上下を、押え男性のすぐ横を通る時に、男性は「綺麗なお尻ですね、おっぱい何カップですか?」と遠慮もなく妻の体を見ながら言って来たそうです。

 妻は「はぁ! スケベ!」と男性の方を向き言うと、男性は「あなた本当に綺麗な体してますよ、少しで良いんで見せてもらえませんか? お願いします」と頭を下げて頼まれたそうです。

 妻は満更でもない気分になり男性に全裸を見せたそうです。その時男性は自分のチンポを出し、妻に向け扱いていたそうで、妻も突然目の前で男性のオナニーを見せられ固まってしまい、最後まで見ていたそうです。

 男性の精子が発射され妻の体にかかり、男性は「あっすいません」とどさくさまぎれに妻のおっぱいを鷲掴みにして揉まれたそうです。この時はそれで終わったらしいのですが、この後が現在の妻の始まりで、

 旦那の私が言うのもなんですが、妻の体はどう見てもオトコ好きの体でバストは95のGカップの巨乳で、身長も160ありむっちり体系で細くもなく太くも無くのスタイル。

 露天風呂の一見から7年ほどの月日がたち、現在の妻はとにかく人の視線を感じたいらしく常に露出しています。宅配の人が来ても当然全裸かH下着で出迎えては見てもらい、嬉しそうにしています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ