旦那のアレと比べて抱かれる不倫のHな告白

「こんなに遅くなっていいの?」「仕事で遅くなるってメールしといたから」彼は会社の上司。40歳。私より8歳年上。同年代か年下としかセックスしたことの無い私は、こんな妻子ある男とのセックスにはまってしまった。

 私も既婚。彼は奥さんとはレスだというけど、嘘か本当かはわからない。私は正直に「週に2~3回はするわよ。土日なんか、ずっとやりっぱなしのこともあるし」と、正直に言う。子供がいないから、休みの日はやり放題なんだよね。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 すると彼は「俺とは、月に2~3回しかやってないのに、旦那とはそんなにするのかよ」と、やきもちっぽく言う。「アナタはアナタの良さがあるの。たまらないの・・」

 男性器のサイズも、持続時間も連続回数も、旦那の方が上・・というか、旦那はかなりの絶倫なんだけど、セックスでは何もかも負けているはずのこの男に、なぜか抱かれずにはいられない私。

 好き、という気持ちがこんなに燃え上がったのは初めてだからかもしれない。でも、いくら好きでも、2人とも既婚者。いまさら、どうしようもない。だから、セックスの時は、やたらと燃えるのかも?

 郊外の駅を降りて、裏手のラブホテルに入った。黙って強く抱き締め合って、唾液をドロドロあふれさせながらディープキス。お互いの着衣をすこしずつ脱がせあいながら、下半身がむき出しになったところで、相手の性器をまさぐりあう。

 やがて全裸になり、強く抱き合う。それから鏡の大きな化粧台の前に立ち、両手を化粧台についてお尻だけ後ろに突き出した。「いれて・・」振り向きながら、チンコを握る。彼は先端を私のエッチな場所にあてあがって、そのまんま黙ってゆっくりブチ込む。

「あぁっ・・」震えるような声が出る。この瞬間がたまらない。お尻を小刻みに前後に振る。「エッチな女だなあ」前に両手を回して、小柄なのに大きくて張りのあるバストを彼は揉みしだく。かと思うと、乳首を摘まんで、腰の動きに合わせて前後させる。

 少し痛い。でも、それよりも気持ち良さが勝っている。タイミングを合わせながら前後に腰を動かし、乳首はコリコリになって、ますます痛い。そして、気持ちいい。「あぁぁ・・イッチゃうゥ」膝がガクガク震え、マンコがキュンキュンに締まる。締まるほどに、彼のモノが大きく硬くなっていくような気がする。

 あっさりとイカされてしまった。でも、彼は許してくれない。そのままの姿勢でついてくる。マンコは何度でも彼のモノを締め付けている。そのたびに、私はイキ、やがてかれも私の中でイった。

 彼が抜くとすかさず振り返って、しゃがみこんでしゃぶり始める。私も旦那には仕事で遅くなるとは言ってあるけれど、お泊りできるわけもなく、とにかく堪能しつくさないといけない。喉の奥まで出し入れを繰り返す長いストローク。彼がうめく。

 再び彼がイキそうになる。「だ~め」口から出して、彼の根本をギュッと握る。すると、そのままベッドに押し倒された。彼が私の足を持ち上げて、肩の上に載せると、野獣のように挿入してきた。

 子宮に届くほどのピストン。上下前後に腰を振りはじめながら「おまえの中、気持ちいい。こんなセックス、おまえとしか味わえない」ちょっと乱暴気味の激しいピストン。足を肩からおろし、身体を重ねてきて、私の顔をベロンベロン舐めてくる。やがて唇が重なり、舌を絡めあう。

 マンコがまたキュンキュンに絞まる。「イクイクイクッ・・きてきてきて!」彼のをタップリ欲しくて、大きく激しく腰を振る。「奥さん、中に出しちゃっていいの?」乳首をしゃぶり続けながら、囁かれる。

「いいよ、いいからいっぱい出してぇ・・」一層腰の動きが激しくなって、乳首をしゃぶりながら下から突き上げてくる。「あっ、あっ、あっ・・」上半身がプルプル震えて、マンコも締め付けがきつくなってくる。

 もう自分の意志でやってるんじゃない。勝手にマンコが締まる。彼がまた私の中にドクドクドクドクって。それを吸いこむように腰をゆっくり上下させる。全部出し切ると、繋がったまま抱き締め合って長いキス。

 この頃には、すっかりアナルも開いて、疼いている。彼にベッドに仰向けになってもらって、自分からアナルへ挿入。マンコから彼の精液がトロトロ流れ出る。アナルの締め付けは凄いらしく、彼はすぐにイっちゃうんだけど、既に2回しているから、少しは長持ちする。

 だから、アナルは最後にとっておく。時間があるときは、もう一度、口でしてあげてから、お尻なんだけど、今日は無理。これまで妊娠しなかったから、多分、私は妊娠しにくい体質なんだと思う。けれど、万が一のことがあるから、今夜は旦那にも中出しをしてもらわなくちゃ。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ