綺麗なお姉さんに骨抜きにされた思い出を告白

 大学生3年の時のバイト先にメッチャ綺麗なOLさんがいました。年は25歳と年上でしたが、惚れちゃいました。大学4年になるとき、バイトを止めることになって、最後の最後に告白したんです。

 そうしたら「あら、嬉しいわ。こんど、デートしましょう。」と言われて、喜んで出かけました。お姉さんは赤いオーリスに乗ってやってきて「ねえ、ラブホでエッチしない?」と嬉しいお誘いに、もう期待で勃起していました。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 お姉さんは、いきなり私に下半身裸になるように言いました。え?私だけ?と思いましたが、言われるままに脱ぎました。「まあ、もう勃起させちゃって、スケベねぇ・・」チンポをじっくり観察されて「あれ?ちょっと、チンポ汁出てるじゃない。チンポ汁はふき取らないとね。」と言って、お姉さんは綿棒を取り出しました。

「動かないでじっとしててね。」というと、先走りを拭き始めたかと思うと、亀頭をギュッと摘ままれて、開いた尿道に綿棒を挿し込みました。「うっ・・」「動かないで。」フリーズした私の目の前で、お姉さんは綿棒の先を尿道に入れていきました。

「ほ~れ、チンポのお掃除しましょうね~~」ねじりながら半分ぐらい入れられてしまいました。「チンポに綿棒が刺さった状態で、こうするとl気持ちいいでしょ。」お姉さんい扱かれると、強烈な快感が襲ってきました。

「うああ・・な、な、何だこれ・・」勃起して脈打つチンポに刺さる綿棒を、お姉さんは携帯電話で撮影していました。そのまま綿棒をツンツンされて「ひぎゃあっ。」急に萎えてきたので、お姉さんは慌てて綿棒を持ち、ゆっくり抜きました。

「素っ裸になりなさい。」完全に命令口調で、私は全裸になりました。お姉さんは裸でないので、とても恥ずかしかったですが、抗えない雰囲気がありました。俯せになって、ケツをあげなさい。

 女性が後背位をするときみたいな格好をさせられたと思ったら、アナルに何か刺さったような感覚のあと、何か液体が塗りつけられたようで「力抜いて・・」との言葉の後「うううっ」アナルに何かが入りました。

 と思ったら、もう一つ、更にもう一つ、何かがアナルに次々といれられました。そんなに何個も入れて、出なくなったら・・不安がよぎると、今度は引っ張られるような感覚で、ニュルンとさっき入れられたものが出ました。

 その時、排便するような何とも言えない気持ち良さがあって「ああ~~」と声が出てしまいました。アナル内部に数個残してまた入れられ、そして引き出されるときに声が出てをぅり返していたら、お姉さんは、

「これ、アナルボールって言ってね、マゾ男をヨガらせるいい道具なんだよ。」
「マゾ男?」
「キミ、喘いでたよねえ・・・さ、お風呂場に行こう。」

 お姉さんも素っ裸になり、グラマーボディを見せつけられました。「さあ、四つん這いになって、ウンチするようにアナルボールをヒネリだしてみて。」私は四つん這いになって、アナルボールを排泄しました。

 ポコッ・・ポコッ・・一つ出るたび「はああ~~」と声が出て、お姉さんが撮影している事すら忘れて、アナルボールを排泄していました。最後の一個がポコッ出てとき、ブビビビっとオナラも出てお姉さんに

「くせえぞ」と叱られました。お風呂で体を洗った後、ベッドでお姉さんとイングリモングリ、完全に骨抜きにされて、大学を卒業するまでの1年間、お姉さんのマゾペットとして飼育され、恥ずかしい飼育日記を撮影されました。

 おかげですっかりマゾ男になってしまいました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ