性感のツボを知っている先輩と再不倫の告白

 私32歳、主人35歳、子供は7歳の家族です。主人とは同じ会社で職場結婚なんです。私が高卒で会社に入り主人は大卒であとから入って来ました。主人が入社してきたころ私は会社の先輩と付き合っていて、でも叶わぬ恋愛でした。

 当時の先輩には奥さんがいて不倫でした。でも私は先輩が奥さんと離婚をしたら結婚してもいいと思っていました。しかし、先輩は奥さんと別れる気はなく私の体目的だったのです。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そんな先輩は奥さんに気付かれるようになると、私に別れを告げてきたのです。それから数年して私は主人とお付き合いをして結婚し、会社も退職しました。2年後子供が生まれ幸せな日々を過ごしていました。

 そんな時なんです、先輩が奥さんと離婚をしたと知ったのは、、私は先輩の事を忘れよう忘れようとしていました。しかし、先輩は私に電話をかけてきたり、会社の帰りに主人と飲みに行って主人を送る振りをして家までやって来たのです。

 何度か話しているうち、何度か顔を見ているうち私もだんだんと付き合っているころを思い出すようになり、ある日子供を抱いて二人だけで会ってしまったのです。

 先輩は当時会社の営業をしていて時間に融通が利いていました。しかし、まだ小さな子供を抱いて会ったのですがその日のうちにラブホテルに行ってしまったのです。

 子供にオッパイをあげソファに寝かせてベッドでセックスを楽しむ私、ホテルに入った時点で誰もが不倫を分かる行為でした。しかし、先輩は私の感じるツボを的確に押さえ、私は何度もいかされていったのです。

 一度嵌ったセックス地獄に私は抜け出すことが出来ませんでした。主人に隠れて病院で避妊薬を処方してもらい、平日の昼間から子供を連れて先輩と会ってはセックスを楽しんでいたのです。

 疑うことを知らない主人は「最近子供もちゃんとお昼寝してくれてその隙に家事が出来るから助かるわ。」と言うと「偉い子だな、親孝行者だぞ。」と素直に聞いているんです。

 平日だけではなく休日は主人に子供を見てもらい先輩と会ったりしていました。家を出て1キロくらいの所に先輩が車を止め私を待っているんです。そしてすぐにスーパーに行き、昼食を買ってラブホテルに行くのです。

 ラブホに入るとすぐにお風呂のお湯を溜め、その間にベッドで先輩と抱き合ってディープキスをしお互いの着ている物を脱がせ合ってまずはセックス。先輩の物が私の中に入っている時にお風呂が沸きましたとお知らせがあると二人で入るのです。

 お風呂で楽しんだ後ベッドで楽しみ先輩が私に中で射精したらお弁当を食べるのです。そのあとさらに2回楽しんで家に帰るのですが、帰ると子供がお腹を空かせているのでさっきまで先輩が吸っていた私のオッパイをあげるのです。

 もうそんなことを5年以上もしています。子供が幼稚園に入ると先輩は我が家に来るようになりました。私は空き部屋を利用して主人に内緒で先輩とのセックス部屋にしたのです。

 と言うのも夫婦の寝室を使うのも嫌だし、あちこちでしていたら後片付けが大変だし、、でも先輩はその部屋だけでは物足らず、台所やリビングでも私の体を求めてくるのです。

 今では主人を送り出した後、子供が学校へ行ったあと先輩が我が家にやってきますが主人にはまだバレていません。主人も「もうそろそろ二人目の子供を作らないとな。」と言っていますが、今薬を止めると先輩の子供を宿しそうです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ