時にはエロを許す寛大な気持ちを持つのも仕事かな

 療養病院のナースです。立ち上がれず、車椅子へ移るのも介助を要するおじいちゃんがいて、その度に可動範囲の少ない腕で、おっぱいやお尻を触るセクハラじいちゃんがいました。

 そのじいちゃんは殆ど喋れません。セクハラされても動かしずらい手を一生懸命動かしている=リハビリともいえる。私は「こーら!ダメですぅ」と笑って注意する程度でした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ある日の夜勤で見回りをしていたら、そのおじいちゃんが手招きをするので、枕元にしゃがむと(ベッドから落ちた時を考慮し低くしてあるため)、柵の間から手を伸ばしおっぱいを揉んできました。

 なぜだかその時は触らせてあげてました。すると白衣のチャックを摘み、少し下げることができました。マズいと思い立ち上がると今度は白衣のスカートを少しずつ捲り、ストッキングの上からオマ○○を触ってきました。

 それはもうおじいちゃんには重労働です。疲れてか興奮してなのか凄い息遣いです。私が拒否らないでいるのをいいことに、ストッキング・パンツを引っ張り、上から手を入れようとしています。

 そこまではできないだろう・・と動かないで見守っていました。じいちゃんの執念勝ちです。どうにか手を入れることに成功し生マ○○にたどり着けました。私もなぜか心の中で“おめでとう”と呟いていました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ