経験してみると誘ったらOKサインの体験談

 職場の後輩の女の子と宿泊出張に行った時の事です。その後輩は高卒採用の社員のため、大卒採用の僕とはキャリア以上に年の差があり、まだ二十歳になったばかりです。対して僕は27なので、かなり大先輩にあたります。

 その後輩は、それなりに可愛らしいのですが若干地味目で、明らかに男関係には無縁そうなイメージです。実際、そういった話を聞いたことはありませんでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 しかし、顔や雰囲気は悪くなく、男ウケしそうなスタイルをしていて、言いよってくる男はいるんじゃないかなー?くらいのコです。二人で仕事を終えて夕飯を済ませ、後輩に「どっか飲みに行く?それか部屋で飲む?」と聞くと

「じゃあ部屋でのんびり飲みたいです」と言うので、コンビニで酒とつまみを買ってチェックインし、それぞれの部屋でシャワーを浴びてから後輩の部屋で合流して、部屋飲みすることになりました。

 その後輩は普段会社の飲み会や忘年会でもほとんど飲まないため、飲んだ時にどうなるのかは知りませんでした。とりあえず缶ビールとチューハイで乾杯し、つまみを食いながらのんびり晩酌しました。

 最初は仕事での悩みや相談、それに対するアドバイスなどの話をしていましたが、酒が進んで僕も少し悪ノリしたくなり、後輩に「彼氏いるの?」と聞くと、小さく「・・いえ」と返してきました。

 その時の恥ずかしそうな表情がたまらなく、もう少し深く突っ込んだ質問を続けました。「好きな人はいるの?」「学生の頃は?」「かわいいのにね」などと繰り返し、後輩は酒の勢いもあってか、どんどん赤くなっていきます。

 とりあえずこの時点で、彼氏が出来たことがない(=多分処女)という情報は掴めました。そしてついに「○○ちゃんて、おっぱい大きいよね?」と言ってしまいました。

 ドン引かれるかと一瞬我に返ってヒヤッとしましたが、後輩はうつむきながら「・・やっぱり大きいですかね・・?」と返してきました。

「大きいと思うよ。すごい魅力ある」と言うと「でも・・大きいの恥ずかしいんですよね」と答え、僕はゾクゾクする程興奮してきてしまいました。

「触られたことないの?」「痴〇被害とかすごいんじゃない?」「揺れたりすると恥ずかしい?」などと畳み掛けますが、特に引いたりせず、ただただ顔を赤らめて首を振っていました。

 もう我慢が限界に達し、隠せないほど勃起したモノに気づかれないようにしながら平然を装って「そういうコトに興味はないの?」と聞きました。

「・・そういうコトって・・?」
「だからまー・・もう二十歳なわけだしさ」
「・・そうですね、ほんとは焦ってるんです」
と返ってきたのでトドメの「経験してみたい?」と聞くと、少し間を置いて「・・お願いします」と返ってしました。

 相手は彼氏もいたことの無い処女のコなので、興奮に任せて襲うような真似はできません。優しくベッドに押し倒し「いい?」と問いかけ、後輩が小さくうなずくのを確認してから優しく髪を撫でます。

 さらさらの黒髪から香る甘い匂いに興奮が加速され、髪を撫でる手をゆっくり下ろして頬っぺたを撫でながら「髪も肌もすごい綺麗だね」と言うと、照れ笑いを浮かべて「うれしいです」と、返してきます。

 間近で見るとどんどん可愛く思えてきて「マジでかわいい」と言うとめちゃ照れていました。ゆっくり唇を重ね、少し震える後輩の唇の緊張をほぐすように唾液で濡らしながら唇を愛撫しました。

 後輩も段々慣れてきた頃に少しずつ舌を入れ、ディープキスの味と感触を教えつつ右手で大きな胸を包みました。触られたことのない胸は敏感で、優しく揉むだけでもたまにビクンッと反応します。

 最初は緊張で硬直していた身体も、優しく愛撫を続けるうちに徐々にくねくね動くようになってきました。「もうちょっとエッチなとこするよ?」と言うと小さく頷き、後輩のバスローブ(みたいなホテルの部屋着)をゆっくりはだけさせ、薄水色のブラジャーと深い谷間を露わにしました。

 後輩は恥ずかしそうに両手で力無く胸を隠しますが、その手をゆっくりどかして押さえつけ、完全なバンザイの態勢に固定しました。胸とワキが剥き出しのその態勢はあまりに無防備で、後輩は「恥ずかしい」と、目を背けて顔を赤くしましたが、

 そんなことはお構い無しに後輩の身体をまじまじと観察し「すごいおっぱいだね。形も綺麗だし肌も白くてスベスベ。あとワキも綺麗だね」と言ってワキを舐めてあげると始めて後輩の口から「アァッ!」

 という驚いたような喘ぎ声が漏れ、ワキをひたすらピチャピチャと舐めてあげると、徐々に「ハァ・・ハァ・・」と言う快楽を伴う声に変わってきました。

 僕はたまらなくなり、後輩の背中に手を回し、ブラを外してめくり上げ、後輩の巨乳を完全にさらけ出させました。驚いた後輩は「キャアッ!・・ちょっと待っ・・!」と声を上げましたが、

 一気に乳首に吸い付いて唾液たっぷりの舌で舐め回してやると、普段の大人しい容姿から想像できない「アンッ! ハァッ・・アァン・・」という凄まじくいやらしい声に変わって行きました。

 ひとしきり舐めたあと後輩の上半身を起こし、背後から両手で巨乳を揉みながら「エッチすぎるよこのおっぱい・・何カップあるの?」と聞くと「ぇえ~・・Fです」と恥ずかしそうに答え、その態勢で胸を揉みながら乳首をつまんだり転がしたりするたびに後輩の吐息はいやらしく荒々しくなっていきました。

 後輩を僕の方に向かせ、僕は全て脱ぎ捨てて後輩に見せました。初めて見る男の勃起したモノに興味と戸惑いがあるような眼差しを向け、とりあえず「乳首を舐めてみて」と指示を出すと、ぎこちなく僕の乳首を舐めてきました。

 ゆっくりと這う後輩の柔らかな舌は、ベテラン女のそれよりも何倍も気持ちよく感じられ、結構長い間舐めさせてから「フェラしてくれる?」と問いかけ、フェラの仕方をレクチャーするとペロペロ舐めてから咥えてゆっくり動かしてくれました。

 流石に上手く無いフェラですが、逆に初心者のフェラは興奮を高め、僕は後輩を突然押し倒して股間に手を滑り込ませると、後輩は今までより大きな声で「キャーッ!」と声を上げます。

「大丈夫。優しくするから安心して」と、言って後輩をなだめ、ゆっくりパンツを脱がすとかなりもう濡れていました。Fカップの巨乳にむしゃぶりつきながらクリを攻め続け、後輩はもはや壊れたように「アァァ!!」と叫び続けます。

「気持ちいい?」と聞くと「アァァ・・気持ちいいー!」と答え、「どこが感じる? おっぱい?」と聞くと「ハァァ~おっぱいぃ~~」と答える後輩は、もはや会社で見る真面目で男を寄せ付けない雰囲気をもつ面影は微塵もなく、ただただエロい身体のエロい女と化していました。

 後輩のアレをたっぷり舐めてあげるとさらに嫌らしく、腰をうねらせて大きな喘ぎ声を上げます。臭いは殆ど無く、毛も薄くて見た目もめちゃキレイだったので、かなり長いこと舌で弄くった後、

 コンビニでこっそり(念のために)買っておいたゴムを装着し「入れるよ?」と言うと、躊躇するかと思いきや、すぐに「・・はい」という返事が返って来ました。

 痛がるかと思ってゆっくり慎重に行いましたが、予想外にすんなり挿入でき、後輩もすぐに感じ始めました。突く度に「アンッ!アンッ!」と甲高い後輩の喘ぎ声が部屋に響き、突きながらも乳首や首を舐めたりするとそれにもしっかり反応する程感度は良く、僕も早めに果ててしまいました。

 そのまま後輩の部屋で全裸で目覚めた僕らは、酔いが覚めても興奮の余韻は覚めておらず、「おはようございます」と一言挨拶を交わした数秒後にお互いを求め、舌を絡めて身体を触り合い、濃厚な性交をしてから仕事へ向かいました。

 仕事が終わって帰る新幹線の中でも見つからないようにキスしたり胸を揉んだりし、駅に着くと一目散にホテルへ駆け込み二発。後輩は完全に快楽の虜になったようで、会社でも求めてくるぐらいになっています

(残業で2人になった時は人のいない資料室などで、キスしたり舐め合ったりはしますが、本番は今の所してません)いつかバレるんじゃないかとヒヤヒヤしながら今でも後輩との秘密の関係は続いています。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ