ママ友の美人さんの浮気現場を目撃した体験談

 息子(中2)の同級生のママさんと関係を持って1年が経ちました。小〇校から一緒で面識はありましたが、なかなかお近づきになる機会はなく、しかし父兄の中では秀でた美人で、常に気になる女性でした。

 きっかけは、私は外回りの営業があり、たまたまラブホ街にある商社に納品に行った時でした。営業車から商品を下ろして台車に乗せ換える最中、出てきたカップルを見てビックリ。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 年配男性の後ろをママさんがついて歩く感じで、完全に目が合い、ママさんはビックリした表情。男性の前を行き、やや小走りで去って行きました。そのすぐ後に体育祭があり、途中、他学年競技でトイレに行った時に呼び止められました。

ママ「あの時のは…あの…」私もしばらく考え、
私「別に誰かに話したりはしませんが…やはり口止めは欲しいかな…」
ママ「えっ…でも、お金とかは、ちょっと…」
私「私も、(浮気の)経験あるんで、時間あるとき、お付き合いしてほしい。どうです?」
ママ「それなら…」

 勘良く理解してくれたようで、互いにメアド交換し、ママさんは専業主婦で昼間ならいつでも大丈夫ということで、私が平日に休みを取り合流しました。ママさんの車で、某施設に迎えに来てもらい、念のため、私は後部座席に乗り、私が道案内して、郊外のラブホに向かいました。

 少し緊張した面持ちでしたが、降りてフロントに行くまで手を繋いであげると、ちょっと照れた表情に。部屋を選んで入ると、ママ「広くて綺麗~♪」と、歓喜の表情に。

 ちょっとソファーで話してると、前から浮気とか興味ありつつも、なかなか足を踏み出せず、前の男性は、意を決して、ここで募集して初めて会った人らしく、いざ会ったところで、

 あまりタイプで無かった上に、安いホテル(確かにあの辺じゃ、古くて安い部類)で、部屋は狭いし、あまり良いムードでは無かったとのことでした。

 ママさんにはゆっくりしてもらい、私は、お風呂やコーヒー用のお湯の準備などをして、最初の一時間は、コーヒー飲みながら普通に父兄の話しって感じだけして、気持ちを和ませ、いよいよ、

私「お風呂、行きます?」と聞くと、いよいよかって感じに。ママ「はい…」と言いながら、ママ「準備あるので、先に行っててください。」私は先に浴室に行き、シャワーを流しながらボディーソープ付けて洗ってると、全裸で髪をアップにしたママさんが入ってきました。

 年齢的には40前半ですが、元々スレンダーながら、全く弛みをない引き締まったボディーで、私がシャワーを掛け、ボディーソープを付け、抱き寄せ身体同士擦り付けながら、キス。

 ママさんも、積極的に舌を絡ませてきて、背中や尻に手を回して触っていました。一旦離れて、泡を流し、浴槽に。後ろから抱き締めながら、おっぱいやアソコを指で愛撫してやると、

 ママ「あっ…あっ…」と感じてくれて、しばらくクリトリスをメインで触ってたら、ママ「あああ…いっちゃう…」と、身体を私のほうに反らせて、イッたのです。

 しばらく抱き締め、キスして浴室から出て、ママ「あんなことしてもらったの、初めて…」前の男性は、さっさとやるだけで、ママさんは全然気持ち良くなかったそうだし、旦那も見合い結婚で、

 特にセックスは子作りって割り切った感じだったので、じっくり責められたのは初めてとのこと。なので、フェラもあまり得意ではなく、じっくりやらせてみることに。先ずは、自分なりにさせますが、

 本当にぎこちない感じなので、AV流して、女優がやるのを参考に咥えさせますが、なかなか飲み込みが早く、結構長く(30分くらい)咥えてましたが、見よう見真似ながら、気持ち良くなりました。

 交代して、ママさんの身体を愛撫。まだまだ張りのあるおっぱいで、乳首に吸い付くと、いい感じで喘ぎました。徐々に下に行き、足を拡げさせ、アソコを指で拡げ、クリトリスを舐め上げます。

 舌先でチロチロ舐めると一番感じるようで、中からどんどん愛液も溢れてきました。指入れし、Gスポットを刺激したら、ママ「あああー!ダメー!おかしくなっちゃうーー!」身体を大きく反らせて、何度もいき、とうとう潮吹きまで。

 私もそろそろと、ゴムを付けて挿入しました。抱き締め、キスしながら突いて、ママさんも私に抱き付き、足を絡ませてきます。中が凄く気持ち良く、10分ほど出し入れしてたら射精感があり、中にゴム射しました。

 しばらく抱き締め合ったまま、抜くと結構な量で、取ってママさんの口の中に精液を垂らすと、困った顔をしてました。私は「飲んでほしいな…」見つめながら言うと、しばらくして口に含んだのをごくりと飲み込んでくれました。

 ガウンを羽織り、ルームサービスを取り、昼食。ちょっとお話ししながら和んで、もう1回しましょうかとなって、今度はママさんがまだやったことない、バックから責めることに。

 これが案外ハマったようで、ママ「いくっ!いくっ!」「ああー!許してくださーいー!」と、何度もイク始末。ハメ潮もしちゃって、最後は正上位からの、ゴムを取り顔射。ママさんはしばらく放心状態でした。

 落ち着いてからティッシュで拭き、お風呂に。洗いながらママ「あんな気持ちいいの、初めて…」と満足げでした。風呂から出て、ママさんがメイクをし直しラブホを出ました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ