太くって長い肉棒は素敵だったエロな不倫体験談

 結婚して4年目で、31才です。初夜の時から、夫は、私の女心をわきまえず、愛撫も下手で入って来ると、直ぐに射精して、後ろを向いて寝てしまうんです。

 今迄、夫と性交しても、痛いだけでしたし、1回もイクって知らなかったし、性的にとっても不満でした。昨年からはセックスが嫌いになって、夫にました求められても、断るようになりました。夫も諦めてどこかで鬱憤を晴らしてるみたいでした。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 それがメル友の彼と何度かメールを交わすうちに、気持ちが通じ合い、会う事になって初めて会った彼が、私の予想以上のタイプだったので、意気投合してホテルに行きました。

 部屋に入る前から心臓がドキドキ、アソコが濡れて来てました。背の高い彼に抱きかかえられて、接吻。ゆっくりと、羽で撫でられるような愛撫。ウットリとする間もなく、身体全体が震える快感に襲われたんです。

 初めての69。小陰唇を開かれ、包皮を剥かれて、一番敏感な急所を下から舌で、ちょろちょろとなめられて、ヒク、ヒクする私の身体。「ヒィィ、ヒィィ、イイィ」これまで、感じた事もない鋭い快感に、思わず叫んでました。

 恥ずかしかった。耐えられない快感。「アアァ、ア、アァ、イクゥ」イクって、こんなに素敵なんだ。その時、まだ彼は入って来てないのに・・更にしばらく続く愛撫。疼き悶える私の身体。

「アァ、欲しい!!」そう思っても、恥ずかしくって言葉では云えないの。我慢の限界。見ると夫のとは比べられないほど、大きなペニス。その太くって長い肉棒を、オマンコの奥深くまでお迎えしました。

 子宮の奥を貫かれた、その時の深い、深い快感は最高でした。「アァ、これが、本当のセックスなんだ」そう思いました。ピストンがはじまり私、何度もイッテ、イッテ、射精される前に、腰が抜けた感じになりイキ放しにされてました。

 やがて弾ける様な勢いで、彼の精液を身体の奥に受けました。最高の快感で、眼の前が真っ白になって失神しそうでした。射精が終わった後も、ペニスを繋いだまま、抱き続けてくれて、スル―っと萎えて抜けてゆく時も、気持ち良かった。

 一緒にお風呂に入った後、元気になったペニスで、バックから獣の姿勢で犯されて、何度もイキました。最後は騎乗位でした。私この姿勢で交わるのは初めてでしたが、上下に動いたりグラインドしたり、クリちゃんを摺りつけると、イイよ」と云う彼の指導で、今まで知らなかったセックスの快感を深めました。

 彼の虜になりそうな私。夫には勿論、内緒でこれからも会いたいなあ!!

↓他のHな体験談を見る




ホームへ