エロ癖を隠し気取っていた同僚女性との体験談

 実話です。会社に仕事が出来て固そうなイメージの久美(仮名)が居ました。身長も165くらいあり、存在感のある人でした。私の配置転換で顔を合わせ、度々休憩で一緒のテーブルに座る様になりました。

 移動して間もなかった為、色々その部署の事を教わって居ました。雑談もする様になり、仲の良い男友達の様な雰囲気だったと思います。ひと月経ったあたりで私の歓迎会がありました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 歓迎会中になぜか久美が隣に来て居ました。特に気にしていませんてました。私もほろ酔い気分で楽しく皆さんとお話していましたが、ある同僚が「久美がこんなに親しそうに男性と話をして居るのを初めて見たよ!」と言いました。

 それにつられて周りの人も同意して驚いて居る様でした。更に「(私)さんの事が好きなんじゃ無いの?」と言われると久美は表情は変えませんでしたが耳が真っ赤になって居ました。

 周りの方は気づかなかった様ですが私は見逃しませんでしたが、酔っているのかな?程度の認識でした。久美は仕事もしっかり責任を持ってする人で、男女両方から機嫌を損ねない様に気をつけられている女性でした。

 まあ、いつも真顔でしたから私もそんな感じにうけとっていました。 歓迎会もお開きになり、店の前で皆さんにお礼をひとりひとりに言って皆さんがワイワイ帰って行くのを見ながら帰路につこうと思ったところ、久美が店から出て来ました。

「まだ居たんだ。今日はありがとね!」と言ったところ「車で来ているので送って行きます。」すぐさま私は「飲酒じゃん!」とすると全く飲んでいないとの事でした。大変だからと遠慮すると、久美は少し話したいと。

 会社で良いじゃんと少し冷たく言うといつもの真顔で「相談したい事があります。」いつも真顔なのでなんだろな?ていどでしたが、まだ時間も早かった為、相談に乗る事にしました。

 パーキングから車出さないと加算されちゃうとの事で車に向かう事になりました。私も助手席に乗せて貰い発進を待って居ましたが、なかなか車を出さず不思議に思っていると突然泣き出しました。

 すると「嫌わないで下さい!」全く意味がわかりませんでしたが、パーキングの板も上がってしまうので、「取り敢えず出そうか!」と言ったところ何故か自分の胸のボタンを外し始めました。

 何を勘違いしているのかビックリしました。私が「板上がっちゃうよ!」と言うと、は!っとした顔をして車を出しました。その時の恥ずかしがった顔が恐ろしく可愛く見えました。

 しばらく無言で進んで大きなコンビニの駐車場で話をする事になりました。話をしてわかった事は、私が昔の彼氏にそっくりでビックリした事。嬉しくていつも一緒に居たかったこと。

 会うに連れて私そのものが好きになった事。飲み会で皆に私の事が好きである事を気付かれて居たのかと焦った事。そして、ボタンを外し始めた理由を聞くと、元彼がSで一瞬命令されていると勘違いしてしまったとの事でした。

 彼氏はいたことあるんだと失礼ながら思ってしまいました。私が「さっきの一言で興奮しちゃった?」と意地悪くきくと頷きました。笑いながら二人でコンビニに飲み物を買いに行きました。

 車に乗る際に久美のスカートにシミの様なものがあるのを確認しました。車に乗り込みシミの話をすると、慌てて足と背中で支え腰を浮かしスカートを確認し出したので、俺の事好きなんだから怒らないよね?と酔いの勢いもあり、めくって確認しているスカートに手を突っ込みショーツを触りました。

 するといきなり生で触ってしまったかと思うほどビッショリで固まってしまいました。すぐさま濡れているだけだとわかりました。久美はビックリして腰を下ろし、私の手首を掴みましたが抜くそぶりはありませんでした。

 そのまま顔を強引に引きキスをしました。一瞬力が入った様ですが拒まないので舌を絡めると絡め返して来ました。更に抱き寄せて胸を触ると喘ぎ声が出ました。胸が弱い事に気付き集中的に攻めると、運転席と助手席の間に挟まるほど身体をピン!と硬直させました。

 コンビニの駐車場だったのでまずいと思い、暗い所に移動する相談をしましたが見つからず、ホテルをダメ元で提案すると即「いきたい」とホテルに行く事になりました。移動中久美は足をモジモジしている様に見えました。

 私はさっきの いきたいは 行きたい のか イキたいのかどっちなのかな?とどうでも良い事を考えて居ました。笑 普段の仕事中からは想像出来ない久美の姿に興奮し私の息子も痛い程になっていました。ガレージから部屋までカバンで前を隠していました。

 ホテルの部屋に着くと私が鍵を閉めている最中に強引にキスしてきました。もうここからは止まらず、貪り会う様な感じになりました。まずは私が下着一枚になり、ベッドに移動し久美の服も脱がしました。

 ブラを外すと思ったより大きな胸が現れました。そのまま倒し、乳首を攻めると流石に弱いらしく手で遮ろうとしてくるので、久美の腹にまたがり両手を[気をつけ]の状態にして足で抑えました。

 そのままサワサワと乳首をいじり続けると、私を跳ね除ける勢いで腰を上下し、舌で空中を舐める様に動かして居ました。あまりの醜さに攻めながら私が見入っていると「見ないで!」と苦しそうにしていました。

 攻め好きな私はそのまま数分攻め続けると「怖い怖い」と久美が言い始め失神しました。失神を見るのは初めてで、私はグタっとして呼吸も聞こえ無くなった久美を慌ててホッペをペチペチしてよびました。

 すぐ意識を取り戻しましたが、息子は半立ちになってしまいました。久美はイったのは初めてで、怖いと言っていた時は気持ち良すぎて目もろくに見えず耳も塞がれている様に感じてしまったとの事でした。

 それを聞いてこんなに感度の良い人は初めてで、もっと攻めたくなりました。ますばクリを舐めました。かなり濡れていて既に毛はぴったりと張り付いていました。中学からオナニーしている様で、かなり大きなクリでした。

 クリだけでなく周辺も舐め回していると、クリを刺激するたびに顎に潮がかかりました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ